ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》1日1食も満足にとれないスラム住民増加=パンデミックで寄付が激減

《ブラジル》1日1食も満足にとれないスラム住民増加=パンデミックで寄付が激減

朝食を受け取ろうと列をなす人々(16日付G1サイトの記事の一部)

 ブラジル国内にある全てのファヴェーラ(スラム街)での調査の結果、スラムの住民の多くは、新型コロナのパンデミックで所得が減り、満足に食事をとる事さえ出来ずにいる事が分かった。
 サンパウロ市南部にあるスラム街のパライゾポリスでは、寄付を募って集めた食材を使い、所得がなくて食に窮している人のための弁当を作って配っているが、弁当を求める人の列は絶える事がない。
 弁当を待つ列にいた女性の一人は、家政婦として働き始めて1週間で新型コロナによる外出自粛となり、自宅待機を命じられた。だがその後、「もう来なくてもいい」と連絡を受け、失業状態が続いている。
 パンデミックの初期は寄付も多く、困窮者用の弁当も最大1万食を提供するに至ったが、現在は寄付が激減し、700食がやっとだという。
 少しでも多くの家庭に食事を届けるため、現在は、弁当の数を一家に2個までに限定。それ以上欲しい人は、もう一度列に入り直す事ができるが、2度目も弁当がもらえるという保証はなく、1度目さえもらえない人が続出している。
 スラム街のリーダーのジルソン・ロドリゲス氏によると、感染再燃で仕事を失った人が増えたのに、緊急支援金の支給は停止されており、1日1回の食事さえ満足にとれない人が増えているという。

 弁当用の食材も不足気味で、肉などのタンパク源はゼロとか、ゆでたスパゲティだけで何も身が入っていない日、米やフェイジョンが入らないという日もあるという。それでも、弁当を受け取れずに帰る人が連日出ているというから事態は深刻だ。
 全国のスラムでの調査によると、パンデミックの期間中に所得が半分以下になった家庭は71%に及び、弁当などの寄付がなければ家族を食べさせる事もできないという家庭も81%あった。スラムの住民の大半は、1日2食以下で過ごしているという。
 スラムの住民の多くは日銭を稼いで暮らしており、正規雇用者はごく僅かだ。また、仕事の多くは、対面あるいは職場に出向かなければならないもので、在宅勤務は夢。
 感染の危険におびえつつ、家族を食べさせるために出歩くという人がほとんどだ。近場で空き缶を集めていた人達は、空き缶を集める人が増えすぎて、収入にならなくなったとぼやいている。
 パライゾポリスでは朝食と昼食を提供するよう努めているが、もらえる人はごく僅かで、弁当や食料品セットが欲しいと尋ねてくる人を手ぶらで帰らせなくてはならないのを嘆いたリーダーが、「住民の中には『この弁当を隣の人と分けて食べる』と言って帰って行った人もいる。彼らがどうやって食いつないでいるのか、気がかりでならない」とSNSで呼びかける姿なども見られている。(16日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り2021年6月26日 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り  老人福祉施設「憩の園」を運営する救済会(吉岡黎明会長)は、7月4日に「フェスタ・ジュニーナ/ドライブスルー焼きそば販売」を開催する。  会場は、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)の駐車場(Bunkyo a Rua Galvão Bueno […]
  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]