ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ大都市圏》公共交通機関の利用者激減=より厳しい外出規制採用で

《サンパウロ大都市圏》公共交通機関の利用者激減=より厳しい外出規制採用で

規制強化で利用客が減ったバス(Rovena Rosa/Agencia Brasil)

 新型コロナの感染再燃でより厳しい外出規制が採用されたため、サンパウロ大都市圏では、バスと鉄道の双方の利用者が62%減少した。
 サンパウロ州政府によると、市内バスと市間バス(EMTU)、地下鉄、都電(CPTM)の利用者は、パンデミック前の1050万人/日から400万人/日以下に減少したという。
 サンパウロ州では、感染者急増に伴って病床占有率が急上昇し、占有率や1日平均の死者数が連日、新記録を更新中だ。
 このため、15日からは外出規制を従来の赤レベルよりさらに厳しい緊急フェーズ(紫レベル)に変更。公立校での対面授業は中止し、給食を必要とする家庭の生徒にだけ登校を認める、宗教施設での集会禁止、サッカーなどのスポーツの試合中止、夜8時から翌朝5時までの外出禁止などが打ち出された。
 他方、外出規制が強化され、公共交通機関の利用者が減っても、隔離率は大きな変化がなく、18日のサンパウロ市の隔離率は、州政府が良しとする55%には程遠い43%だった。州全体の隔離率は44%だった。

 19日のサンパウロ市の隔離率は8日と比べると2%ポイント伸びただけだったが、赤レベルや紫レベルといったより厳しい規制が敷かれる前の1日と比べると4%ポイント高かった。
 通常は隔離率が55%を超えると、感染拡大抑制効果が期待できる。サンパウロ州では州全域の集中治療室(UTI)の占有率が90%を超えており、医療崩壊状態だ。
 サンパウロ州政府は、サンパウロ市が26日からの10日間を連休にした事で海岸部に出向く人が増える事を懸念し、アンシエッタ―イミグランテス道の車線を増やし、海岸部に行く車の渋滞を防ぐためのオペラソン・デッシーダを19日から30日まで停止すると発表。停止期間は延長される可能性がある。
 また、同州海岸部の市長達は19日、従来より厳しい外出規制の採用を決めた。海岸部諸市も、UTI占有率が80%台に戻った事で警戒感を強めている。
 サンパウロ州政府によると、同州全体の規制強化により、12~14日の週末は、5~7日の週末と比べ、サントス市などがあるバイシャーダ・サンチスタ方面に向かう高速道の通行量が35%減ったという。(19日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]
  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]