ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁が教会行事判断を持ち越し=白熱した議論を展開した末

《ブラジル》最高裁が教会行事判断を持ち越し=白熱した議論を展開した末

 最高裁で7日、カシオ・マルケス判事が3日に下した、信教の自由を理由に、信者が参加しての集会開催を認める仮判断に関する全体審理が行われた。白熱した議論が行われた末、報告官のジウマール・メンデス判事の反対票が投じられたのみで審理を持ち越した。8日付現地紙が報じている。
 今回の審理は、復活祭の前日の3日にカシオ判事が全国での宗教行事の自由を認め、教会などで集うことを許可した判断についてのものだ。ブラジルでは連日、新型コロナによる死者の平均が3千人前後を記録。6日には1日の死者が過去最高の4千人台を記録。カシオ判事への判断は批判の的となっていた。
 この日の審理ではジウマール・メンデス判事が報告官を務めたが、別件でサンパウロ州政府による外出規制の継続を指示し、宗教行事開催を認めなかった同判事は、予想通り、カシオ判事の判断を厳しい口調で批判した。

 だが、この日の審理はこれ以上、先に進まなかった。それはこの審理に参加した国家総弁護庁(AGU)のアンドレ・メンドンサ長官との議論などがあったためだ。連邦政府の意向を代表し、信教の自由と集会開催を認めるよう訴えるメンドンサ氏に対し、メンデス判事は「あなたは火星からやってきたのか」とコロナ禍の現状が見えていないとばかりに強く批判した。同判事はアラス検察庁長官にも批判の言葉を浴びせた。
 この日はブラジル労働党(PTB)の弁護士のルイス・グスターヴォ・ペレイラ・ダ・クーニャ氏も参加。同氏はコロナ対策としての外出規制を州や市の判断に任せようとする最高裁を聖書の一説を使って批判。それをルイス・フクス最高裁長官から「不適切だ」と批判される一幕もあった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り2021年6月26日 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り  老人福祉施設「憩の園」を運営する救済会(吉岡黎明会長)は、7月4日に「フェスタ・ジュニーナ/ドライブスルー焼きそば販売」を開催する。  会場は、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)の駐車場(Bunkyo a Rua Galvão Bueno […]
  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]