ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 3月26日から4月4日までの10日間にわたる連休、通称「フェリアドン」が終了後、最初の週末を迎えるサンパウロ市。通勤をはじめとした「日常」が戻ったことで、人々が外に出る機会も増えているわけだが、それに伴い、禁止されている夜の不法イベントの増加も気になるところ。8日未明、南部のバーでは平日の夜にもかかわらず秘密イベントが行われ、46人が集まっていた。彼らは深夜1時頃に解散させられ、9人が警察に連行された。夜間の外出が禁じられているのに、木曜の未明でこうなのだから、金〜日曜はなおさらだろう。この週末はより一層の厳しい対策が求められるところだ。退屈かもしれないが、家の中での余暇に楽しみを見つけるしかなさそうだ。
     ◎
 ブラジルを代表する舞踊家のイズマエル・イヴォが8日、コロナ感染症で亡くなった。66歳だった。イズマエルは聖市近郊の貧困家庭に生まれ、家政婦をする母の手一つで育てられた。1970年代にサンパウロ市で現代舞踊家として活躍を始め、80年代には活動を世界に広げた。特に、彼がオーストリアのウィーンで立ち上げた「インパルス・タンツ」は、欧州で最も大きな現代舞踊の祭典として今日まで知られている。ドイツ国立劇場でも演出家を務め、2017年の帰国後はサンパウロ市の市立劇場でも演出家を務めていた。
     ◎
 州の規制変更で中断されていたサッカーのサンパウロ州選手権が、外出規制が緩和化される12日から再開されることに。同選手権はコロナ禍激化を受け、3月15日から中断されているが、一部の試合はその後も、他州への遠征などで行われていた。州と州検察局、サンパウロ州サッカー連盟が交渉を重ねた結果、再開となった。州民からの批判も起こりそうだが、果たして。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • 東西南北2021年4月24日 東西南北 □関連コラム□大耳小耳  コロナウイルスによる病床占有率低下に伴い、サンパウロ州では徐々に外出規制が緩和されつつある。18日にはショッピングセンターや一般商店の営業が再開され、宗教施設での集会も認められた。今日24日からは美容院やジム、レストランやバー、公園も再開される。再開 […]
  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]