ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 3月26日から4月4日までの10日間にわたる連休、通称「フェリアドン」が終了後、最初の週末を迎えるサンパウロ市。通勤をはじめとした「日常」が戻ったことで、人々が外に出る機会も増えているわけだが、それに伴い、禁止されている夜の不法イベントの増加も気になるところ。8日未明、南部のバーでは平日の夜にもかかわらず秘密イベントが行われ、46人が集まっていた。彼らは深夜1時頃に解散させられ、9人が警察に連行された。夜間の外出が禁じられているのに、木曜の未明でこうなのだから、金〜日曜はなおさらだろう。この週末はより一層の厳しい対策が求められるところだ。退屈かもしれないが、家の中での余暇に楽しみを見つけるしかなさそうだ。
     ◎
 ブラジルを代表する舞踊家のイズマエル・イヴォが8日、コロナ感染症で亡くなった。66歳だった。イズマエルは聖市近郊の貧困家庭に生まれ、家政婦をする母の手一つで育てられた。1970年代にサンパウロ市で現代舞踊家として活躍を始め、80年代には活動を世界に広げた。特に、彼がオーストリアのウィーンで立ち上げた「インパルス・タンツ」は、欧州で最も大きな現代舞踊の祭典として今日まで知られている。ドイツ国立劇場でも演出家を務め、2017年の帰国後はサンパウロ市の市立劇場でも演出家を務めていた。
     ◎
 州の規制変更で中断されていたサッカーのサンパウロ州選手権が、外出規制が緩和化される12日から再開されることに。同選手権はコロナ禍激化を受け、3月15日から中断されているが、一部の試合はその後も、他州への遠征などで行われていた。州と州検察局、サンパウロ州サッカー連盟が交渉を重ねた結果、再開となった。州民からの批判も起こりそうだが、果たして。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月24日 東西南北  日本で東京五輪開催に反対する運動が強まっており、23日にはブラジルでも、フォーリャ紙サイトなどの大手メディアが写真付でその様子を報じている。日本でのネットでの声を拾うと、彼らの中にはサッカーのコパ・アメリカの強行開催に伴う感染者多発報告で恐れをなしている人も少なくない。21日 […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 特別寄稿=スポーツ界に見るハイブリッドの躍進=国際化で変わる“新日本人”の誕生=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2021年6月19日 特別寄稿=スポーツ界に見るハイブリッドの躍進=国際化で変わる“新日本人”の誕生=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  今年4月21日、ゴルフの松山秀樹さんが米国で行われたマスターズでの大会優勝を果たしました。「日本人が初めて海外メジャーを制した」と日本人は大喜びしました。  次いで、6月6日、今度は全米女子オープンで笹生優華(さそうゆうか)さんが優勝、賞金100万ドル(約1億1千万円)を獲 […]