ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領が暗殺請負集団と関係?!=インターセプトが暴露=通話記録に暗号で登場=ノブレガ殺害が発端に

《ブラジル》大統領が暗殺請負集団と関係?!=インターセプトが暴露=通話記録に暗号で登場=ノブレガ殺害が発端に

インターセプトの報道(Twitter)

 20年2月に警察の捜査で不可解な形で射殺されたリオ市のミリシア(非合法民兵組織)の大物で、ボルソナロ家との深いつながりも指摘されていたアドリアーノ・ダ・ノブレガ氏。その側近らが、ノブレガ氏の射殺直後に、「ガラスの家の住人」などの隠語を使って、ボルソナロ氏本人との接触を行った事実が、リオ検察局の行った盗聴記録によって明らかになった。24、25日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ