ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん

■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん

樋口四郎さん

樋口四郎さん

 「ブラジル浪曲協会」最後の会長、浪曲名人「月若(つきわか)」としてならした樋口四郎さん(福岡県)が、4月30日15時30分に聖州カンピーナス市内の自宅で亡くなった。行年85歳。1日に家族と知人のみで告別式を行い、同市内の墓地「Cemitério Parque Flamboyant」に埋葬された。偲ぶ会や49日法要などの予定は決まっていない。
 樋口さんは1935年9月29日、福岡県浮羽郡吉井町生まれ。コチア青年として移民船「ぶらじる丸」に乗って57年1月17日にサントスに単独移住した。
 移住当初はサンパウロ州ピエダーデ郡の岩下与一家でトマト作りを従事したが、風土病により病に伏しプラガンサ・パウリスタの行方(なめかた)正次郎家に移動し農業に励んだ。同家で養鶏と果樹園にて農地従事し、その後サンパウロ州食料保管センター公社(通称セアザ、Ceagesp)で仲買人を行う。
 その傍ら、67年からカンピーナス市日伯文化協会を手伝った他、ブラジル浪曲協会の活動にのめり込み、最後は会長まで務めた後、90年代に日本へデカセギに10年ほど行った。帰伯後、ペンネーム「筑紫橘郎」で自伝小説「月のかけら」を執筆し、本紙に掲載した。本紙カンピーナス代理人や営業部員としても活動していた。
 樋口さんは、以前から胃がんを患っており、昨年7月には手術を行った。その後、自宅療養していたが、体調が悪化し回復せず同日に息を引き取った。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を!2020年2月18日 県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を!  「こんな解釈があるのか!」――9日に行われた憩の園チャリティ歌謡祭「日本移民ショー」の出だしは、実に衝撃的だった。  90年代に一世を風靡した、当時の若者風俗を代表するような尖ったビジュアル系ロックバンド「XJapan」の音楽を使って、「明治の精神」を受け継ぐような […]
  • 2013年12月21日 救済会60周年と憩の園55周年 ニッケイ新聞 2013年12月21日 71年間も救済活動続け=戦中から邦人救護に専心  救済会の正式発足は1953年だが、その前身である「サンパウロ市カトリック日本人救済会」は1942年6月、戦争中にその活動を開始していた。コチア産業組合中央会のような食糧供給の国家的役割を担っ […]
  • 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂2021年6月15日 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂 「コロニア消滅論」を越えて  デカセギブームが始まった90年代から特に「コロニア(日系社会)空洞化論」「コロニアが消滅する」という悲観的な予測が何度も叫ばれ、本紙にも繰り返し掲載されてきた。そんなことを叫ぶ声すらも枯れてきたのが現状だ。  この18日(木)は、ブ […]
  • 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和2021年3月5日 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和 「行け行け南米新天地」のポスターを見て  八十歳を迎え、移住してより、六十年。世界中がコロナ禍で旅行も出来ず、外出も控えて、家でゴロゴロして居る今日この頃である。早くコロナが終息する事を祈りながら、暇にまかせて、新移民の頃を思い返してみよう。  高校最後の夏休み […]
  • 自分史寄稿=「移り来て六十年」=サンパウロ市在住 村上佳和2020年12月24日 自分史寄稿=「移り来て六十年」=サンパウロ市在住 村上佳和  戦前移民19万人、戦後移民6万人とか7万人と言われる。日系190万人、海外最大の日系社会である。1957年から1962年の5年間が戦後移住者のピークで、1964年の東京オリンピックを機に日本は高度経済成長期に入って移住者が激減し、新しく移住してくる人が途切れて50年。戦後青年 […]