ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 連邦政府文化局のマリオ・フリアス文化局長が、文化局内を銃を持って歩いていると報じられている。その銃は本人名義で登録した9ミリ口径のもので、それをベルトの脇に見えるようにして歩いているという。さらに、そういう状況の中で同氏が部下や下請け業者の人に向かって叫ぶ姿も見られており、文化局内の職場の空気はきわめて気まずいものになっているとも。自分の働いている職場に銃を持って歩いている人、それも上司がいると想像するとゾッとするので、関係者の不安はよくわかる。しかも、それが連邦政府内で行われているとは。ただでさえスキャンダルが多く、支持率が低下している中、ありがたくない話だ。

     ◎

 サンパウロ州の内陸部では、新しい変異株発見や、市が相次いでロックダウンその他の規制強化を図る、集中治療室の占有率が80%を超えるなど、コロナ第3波が現実味を帯びてきている。26日には、22日にグアルーリョス空港を通過したリオ州在住者がインド株に感染していたことが確認され、水際対策を強化する必要が生じた。保健省が第3波に言及し検査体制を強化すると発言したのに合わせ、外出規制緩和の目安とする意味で、サンパウロ州政府が6月15日から、「15分で結果がわかる」というスピード検査を大量に行う方針を打ち出した。検査対象は結婚式を含む社会的な集まりや見本市などで、会場で検査を行うだけでなく、その後2週間の経過観察も行うという。ワクチンと検査の両輪で、コロナの拡大を抑制できれば良いのだが。
     ◎
 26日のサッカーのリベルタドーレス杯。サントスはバルセロナSC(エクアドル)に1―3で完敗。準優勝した昨季に続く、2年連続でのリ杯の決勝トーナメント進出はならなかった。決勝T進出チームはほぼ、ブラジルとアルゼンチンで独占されており、16チーム中、両国が6チームずつを占めることになっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]
  • 東西南北2021年5月26日 東西南北  ボルソナロ大統領が23日にリオ市で行った1万人規模のマスクなしでのバイク行進は、各方面から批判を浴びている。そのすぐ前の15日にブラジリアで行われた大統領支持の集会では、参加者の一人の退職公務員女性が、すぐ後の20日にマット・グロッソ州でコロナ感染が原因で死亡していることが分 […]
  • 東西南北2021年5月13日 東西南北  11日に保健相が、出場選手をはじめとした東京五輪関係者へのコロナワクチンの接種計画を発表した。リオ五輪の際のブラジル国内でもそういう傾向が見られたが、南米圏そのものの五輪熱がもともと高くない。そのため、今回の五輪もブラジル国内の報道は多くなく、「実感がわかない」というのが実情 […]
  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]