ホーム | コラム | 東西南北 (ページ 4)

東西南北

東西南北

 大サンパウロ市都市圏のマウアー市で3日夜、医療プログラム「マイス・メジコス」でキューバから派遣され、結婚してブラジルで生活していたライディス・ソーザ・ウジョアさん(37)が、警備員の夫(45)に殺害される事件が起きた。ダイウトン・フェレイラ容疑者は2人が暮らしていた家の中で、ライディスさんをドライバーで10回ほど刺して刺殺。そ ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ市は1月に大雨により記録的な倒木が記録されたと報じたばかりだが、今月初の大雨を記録した4日未明から午前にかけて、ほんの数時間だけで市内で32本の倒木を記録した。また、今回の雨はサンパウロ州のほかの地域にも強い影響が及び、サントスなど海岸部では、今回の雨だけで2月に見込まれる月間平均雨量を超える分量が降った。また、リベ ...

続きを読む »

東西南北

 4日からサンパウロ市の公立校の授業が再開しているの一方で、教員たちがストを行なうとの噂が流れはじめている。今回、彼らが意図するストは、給与というよりも、社会保障制度改革を意識したものになりそうなので、こじらせると大問題になりかねない。さらに市の保健機関や地下鉄の職員らもストをほのめかしはじめている。いずれも市民の生活と密着に結 ...

続きを読む »

東西南北

 ここのところ、ボウソナロ大統領や同大統領が抜擢した大臣たちと異なる見解を語って話題となっているアミウトン・モウロン副大統領が、グローボ紙への取材で「あくまでも政府でなく自分の意見」としながらも、「中絶は女性の権利だ」と語っていたことが明らかになった。この言動をめぐり、熱心なボウソナロ信者の中からは「モウロン氏はコミュニストにな ...

続きを読む »

東西南北

 今日1日から連邦議会が再開。政界の1年が本格的にはじまるが、ボウソナロ大統領の長男のフラヴィオ氏も上院議員としての職につく。リオ州議員時代の幽霊職員採用並びに元運転手ケイロス氏への多額の支払や、リオの民兵犯罪組織(ミリシア)との関わりなどへの疑惑が持たれている中、「上議辞退」を求める声は支持者やボウソナロ政権内部からも浮上して ...

続きを読む »

東西南北

 30日付フォーリャ紙によると、ボウソナロ政権内で、ボウソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボウソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか。もっとも、モウロン氏の場合、イスラエル大使館の場所 ...

続きを読む »

東西南北

 28日にサンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院で行われたボウソナロ大統領の大腸縫合手術の詳細は以下のとおり。手術は8時30分からで、当初は3~4時間と見られていたが、実際には15時30分に終わり、7時間かかった。当初は大腸と大腸を繋ぐ予定だったが、血流が確保しやすく、回復が早いとの判断で、小腸と大腸を繋ぐ手術となった。術 ...

続きを読む »

東西南北

 ジャン・ウィリス下議の暗殺を恐れての国外避難に関しては、同下議のボウソナロ大統領との敵対関係が関係し、感情的な判断を行う国民も少なくない。だが、アミウトン・モウロン副大統領はそんな中、「ウィリス氏の命を脅かすことは民主主義を脅かすものだ」との発言を行った。選挙期間中の失言連続が嘘のように、最近は、同副大統領の落ち着いた発言が目 ...

続きを読む »

東西南北

 23日、ボウソナロ大統領はレコルデ局のインタビューで、スキャンダルが噴出中のフラヴィオ氏に関して、「うちの息子を使って私を攻撃しようとするのはフェアじゃない」と発言した。その前には「罪を犯したなら償わなければならない」と語ったばかりだったが、連邦政府内や軍部などから「フラヴィオ氏は上議を辞任すべき」との圧力もかかりはじめ、さす ...

続きを読む »

東西南北

 父は大統領就任後の初の国際会議でのスピーチを酷評され、長男は、これまでの金銭の不正授受や幽霊職員採用の疑惑に加え、元リオ市議殺害容疑もかかるミリシア(犯罪集団)との関係を疑われるなど、22日は散々だったボウソナロ親子。だが、スイスに滞在中のボウソナロ大統領は、現地で受けたインタビューでフラヴィオ氏の疑惑について答え、「本当に過 ...

続きを読む »