ホーム | コラム | 東西南北 (ページ 50)

東西南北

東西南北

 ジョアン・ドリア氏の当選により、「サンパウロ市は来年以降どうなるのか」の議論が早くもはじまった。7日付アゴラ紙は「ドリア市長就任でなくなりそうな自転車道はどこか」との予想記事を掲載。東部ジャルジン・エレナのアリヴェイラ・フレイレ大通りや、セントロのミニョコン真下の自転車道がなくなる危険性が高いのではと予想している。また同紙は、 ...

続きを読む »

東西南北

 ジョアン・ドリア氏がサンパウロ市市長になったあかつきには、ハダジ現市長のトレードマークでもあった自転車道を、中央分離帯にあるものや、利用者の少ないところを廃止する意向とのことは昨日付の本欄で触れた。だが早速、市民がそれに「待った」をかけた。5日夜、サンパウロ市の自転車愛好家たちが、西部ジャルジン・エウロパにあるドリア氏自宅の前 ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ市市長選で圧勝して以来、ジョアン・ドリア氏の顔をテレビや新聞、雑誌で見ない日がない。現職のフェルナンド・ハダジ市長とは、ガラッと政治的な方向性が変わることが予想される。気になるのは「自転車道」の今後だ。自転車道と言えば、支持率の低かったハダジ政権の4年の中で、最も市民の印象に残ったもの。ドリア氏は「利用者の多いところ ...

続きを読む »

東西南北

 2日の選挙の余韻をまだ引きずっている伯国だが、それと同時にいろんなこぼれ話も出てきている。まず、サンパウロ州カシア・ドス・コケイロスでは、「ジウマ・クーニャ」と名乗る女性教師が出馬して、見事、市長に当選した。罷免されたばかりの前大統領や前下院議長と同じ名前でも市民は気にしなかった。所属政党がテメル大統領と同じ民主運動党(PMD ...

続きを読む »

東西南北

 労働者党(PT)の大敗に終わった今回の統一市長選だが、本日付本頁作成上、不都合な事態が起きた。報道写真の無料貸し出しを行う主要サイト二つが2日の市長選を報じた写真をほとんど載せておらず、あっても投票場の一般市民の様子などを写したものか、ハダジ・サンパウロ市市長らPTの政治家を写したものだけだったからだ。3日付サンパウロ州発刊紙 ...

続きを読む »

東西南北

 早いもので、全国市長選も明日2日が投票日となってしまった。今年の地方選は例年と違い、リオ五輪があったり、ジウマ前大統領やエドゥアルド・クーニャ前下院議長の罷免があったり、現在もラヴァ・ジャット作戦が進行していたりと、選挙以上に話題になりやすいことが立て続けて起きたために、キャンペーン期間が通常よりかなり短めに感じられたのではな ...

続きを読む »

東西南北

 29日午前、サンパウロ州ジャルジノーポリスの刑務所で、囚人たちが暴動を起こして放火や破壊行為を働き、約200人が脱獄した。高さ4メートルの柵を倒して、カンジード・ポルチナリ高速道に向かって走って逃げていったという。その後、同日正午までに100人ほどが逮捕された。同刑務所は1080人まで収容可能だが、2倍近い1864人が詰め込ま ...

続きを読む »

東西南北

 セウソ・ダニエル市長殺人事件の「疑惑の人物」ソンブラ氏が亡くなったことで、同事件の真相究明が遠のいたといえそう。同事件は近年、新展開が起きていた。ダニエル氏が生前に調査していたサントアンドレ市の贈収賄工作に深く絡んでいたと疑われているバス企業社長のロナン・マリア・ピント氏が、ルーラ元大統領の友人ジョゼ・ブンライ氏から賄賂を受け ...

続きを読む »

東西南北

 ここ数週間、ラヴァ・ジャット作戦で大きなダメージ負っているルーラ元大統領。起死回生のためには全国市長選でのPT勢の巻き返しが欲しいところだが、現状はかなり苦しい。世論調査では、サンパウロ市のハダジPT候補が4位、リオでルーラ氏が積極支援する連立与党のブラジル共産党候補ジャンジーラ氏も4位、ベロ・オリゾンテのレジナルド・ロペスP ...

続きを読む »

東西南北

 ついにPTの大物アントニオ・パロッシ氏にまで逮捕が及んだ26日のラヴァ・ジャット作戦。その前日の25日、アレッシャンドレ・モラエス法相(民主社会党・PSDB)は聖州リベイロン・プレットで行なわれた社会団体「ブラジル自由運動(MBL)」の会合で、居合わせたエスタード紙記者に対し「ラヴァ・ジャットは先週もすごかったが、今週もっとす ...

続きを読む »