ホーム | コラム | 東西南北 (ページ 30)

東西南北

東西南北

 6日午前、複数の市をまたいで走るEMTUのバスと、トラックがサンパウロ大都市圏エンブグアスーで衝突し、2人が死亡、25人が重軽傷を負う事故が起きた。同日午前8時30分頃、プレフェイト・ベント・ロジェール・ドミンゲス道のきついカーブの部分で、イタペセリカ・ダ・セーラ行きのバスが反対方向から来たトラックとぶつかった。これにより、バ ...

続きを読む »

東西南北

 W杯開幕まであと100日を切ったが、ブラジルからも、富裕層を中心に、ロシアに観戦旅行に行く人が存在する。ブラジルではロシアの通貨ロシア・ルーブルを売っている両替商は少なく、W杯需要を見越し、35%の手数料を取っているところもあるという。ドルやユーロを買う時の手数料3~6%と比べるとかなり法外だ。「レアルをひとまずドルやユーロに ...

続きを読む »

東西南北

 現在、パラナ州クリチーバにあるオスカー・ニーマイアー美術館では、ラヴァ・ジャット作戦で押収された絵画の展覧会が行われている。これらの作品は、元ペトロブラスのサービス部長だったレナト・ドゥケ氏をはじめとした被告たちが賄賂代わりに手にしたものだ。これらの価値が非常に高く、話題となっている。その中には、あのスペインの巨匠のサルバドー ...

続きを読む »

東西南北

 2月28日、サンパウロ州カンピーナス市で、銀行強盗を捕獲しようとした軍警が、銃撃を受けて反撃、強盗の内7人が死亡する事件が起きた。爆発を専門とする銀行強盗グループが同日午後7時から10時の間に、カンピーナス市の先にあるジョアノーポリス市の銀行支店を襲うという匿名情報を得た警察は、40人の対策グループを組み、カンピーナス市内を通 ...

続きを読む »

東西南北

 ルーラ元大統領が、1日付フォーリャ紙に掲載されたインタビューで、テメル大統領の事を「ゴウピ(クーデター)に勝った男だ」と評価し、話題となっている。ルーラ氏は昨年5月にブラジルを騒然とさせたJBSショックを、「グローボ局とロドリゴ・ジャノー前検察庁長官とジョエズレイ・バチスタ氏によるゴウピ」だと見なしており、「あれだけの攻撃を受 ...

続きを読む »

東西南北

 2月末のブラジルに、降って沸いたような「北朝鮮最高指導者のブラジル偽造パスポート使用疑惑」。今現在、ただでさえ、その言動が世界的な話題になりやすい金正恩氏だが、それがブラジルと結びついたのだから、やはり驚きだ。しかも、そこでの名義は「生粋のパウリスタのジョセフ」という、本物の金正恩氏からは想像できないプロフィール。これからの数 ...

続きを読む »

東西南北

 26日、2月に入ってさっぱりだったサンパウロ大都市圏内にこの夏最大量の雨が降った。前日までの降水量が48・6ミリだったカンタレイラ水系にも、この日だけで46・3ミリの大雨が降り、月間降水量100ミリ超えにも望みが出てきた。ただ、降り過ぎもいささか問題で、サンパウロ市では各地で冠水が相次ぎ、西部リオ・ペケーノでは車が雨水に浮かぶ ...

続きを読む »

東西南北

 25日、サンパウロ市中央部のリベルダーデで、毎年恒例の中国の旧正月を祝うセレモニーが行われた。この祝賀行事は16日からはじまり、15日間行われるが、25日は「春の祭典」と呼ばれる行事が、11時から19時まで、入場料無料で行われた。主催者側によると、来場者は約10万人に達したという。今年は戌年にちなんだパレードも行われた。ただ単 ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ市西部モルンビのダヴィ・ベン・グリオン通りの交差点で21日夜、両替商を営むロジェリオ・ペレイラ・ジュニオル氏(36)が、いきなり銃弾を浴びる惨事が起きた。ペレイラ氏は信号待ちで停まったところ、路肩から武装した男性が現れ、ペレイラ氏に向けて、フロントガラス越しに最低でも12発の銃弾を放ったという。ペレイラ氏は顔や首など ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ市のバスの運行を管理しているSPトランスがこのほど、同社が2017年に受けた苦情の内訳を発表した。3万5428件にも及んだ苦情の内、1位となったのは「バスが時間通りに来ない」で、4分の1以上となる26・21%を占めた。続いて「運転手がバスの乗り降りに応じなかった」が22・87%で2位。「利用者への態度が悪い」(10・ ...

続きを読む »