ホーム | 連載 | 2003年 | 朝川甚三郎不運の半生 | 朝川甚三郎不運の半生―1―臣道連盟活動に関与―最後の居場所、厚生ホーム

朝川甚三郎不運の半生―1―臣道連盟活動に関与―最後の居場所、厚生ホーム

9月17日(水)

 二〇〇二年六月三十日、臣道連盟の指導者の一人、朝川甚三郎がサントス市内の病院で家族に看取られることなく、八十九歳の生涯を終えた。死後、親族の手で辛うじて、コンゴニャス墓地(サンパウロ市)に埋葬された。だが、今年、一周忌の法要を営もうと言い出す者は一人もおらず、めいめいが墓参を済ませることになった。戦後の混乱期に、旧昭和学院を開校。旧ブラジル日本語学校連合会(日学連)の創立メンバーで、総務担当として会の維持運営を実質的に取り仕切った。しかし、不明朗会計が発覚。右腕的な存在だった安江信一事務局長(当時)が八七年四月、短銃自殺を遂げ、求心力を一気に喪失する。さらに、最愛の一人息子、テルノリも二〇〇〇年六月、殺人事件の犠牲になってしまう。行き場を失った独居老人が最後に居場所を見出したのは、サントス厚生ホームだった。

 朝川は日中戦争(一九三七年)が始まる前に、姉のたもつ(故人)を頼って、妻、さき(故人)と渡伯。アグードス市(SP)で綿の栽培をしていた。その後、姉夫婦がマリリア市(SP)、トゥパン市(SP)と移転。朝川も行動を共にした。
 姪の山口(旧姓及川)フサエさん(七四)の記憶では、マリリア市に住んでいた頃は、太平洋戦争前でトゥパン市に移った後、戦争が始まった。
 朝川は、移住先国の生活様式を受け入れず、日本精神を持ち続けるべきだとよく口にしていた。
 字を教えてやると言って毎晩、姉の子のうちフサエさん、和夫さん(七一)、文子さん(七〇)の三人を自宅に呼んで、二時間ほど日本語を教えた。
 「そりゃ、厳格な人でした」と、フサエさんはおじの人柄を語る。
     ◆
 薄荷や絹はアメリカの軍需品になると伝えられ、戦中、各地で利敵産業の撲滅運動が起こった。朝川はこれに同調、養蚕小屋の襲撃を繰り返した。その延長で臣道連盟に関与していった。
 終戦後、戦勝派と認識派の対立が深まっていった。四月一日事件(四六年、古谷重綱元駐アルゼンチン公使邸襲撃、野村忠三郎元日伯新聞編集長暗殺)が発生。臣道連盟本部(サンパウロ市ジャバクアラ区)は家宅捜索を受けた。
 吉川順治理事長ら幹部は検挙され、一部はアンシエッタ島に流島処分となった。朝川もこの時、身柄を拘束されたが、数日後に釈放されている。
 上層部の抜けた臣道連盟には、留守本部が設置され朝川は責任者となった。もともと舎監という肩書きを持ち、泊まり込みで本部の管理に当たっていた。会計担当の故山内健次郎が記した『世界大戦の余波』中、朝川は理事となっている。
     ◆
 キンターナ市(SP)から上聖した北村進平、山下広美、日高徳一が臣道連盟本部に立ち寄り、朝川に暗殺計画をほのめかす。朝川は、直接行動に出るなと、諌めるが、三人はほかの仲間とともに計画を実行に移す。野村暗殺後、臣道連盟に駆け込できた山下に朝川が着替えを渡し、乱れた髪に櫛を入れる。
 高木俊郎著『狂信』(角川書店)で、朝川が四月一日事件について触れ、涙を流す件(くだり)がある。
 三人の友人で〃特行隊〃の同志でもあった押岩嵩雄さん(九四、広島県出身)は「朝川の元に相談に向かったというのは、事実ではありません」と言い切る。
 さらに、「私がカーザ・デ・デテンソンに入れられた時、朝川が面会に来て、臣道連盟とテロ事件とは関係無いと突き放した」とも。
     ◆
 《関東軍宣撫班に所属、特務機関の命令でブラジルに渡り、移民の間の思想傾向を調べていた。調査内容は報告書にまとめ、総領事館を通じて日本政府に提出した。ブラジルには数人の特務班がおり、責任者は坂元靖といった》
 朝川は九〇年ごろ、渡伯の目的について、宮尾進人文研前所長にそう話している。客観的に考えて、有り得ない話だが、本人は事実だと思い込んでいたようだ。戦後既に四十五年も経っていたが、戦中、戦後のこととなると、どうも内容が支離滅裂になってしまう。一部敬称略。
(つづく、古杉征己記者)

■朝川甚三郎不運の半生―1―臣道連盟活動に関与―最後の居場所、厚生ホーム

■朝川甚三郎不運の半生―2―サンパウロ市近郊―青年連盟の初代理事長―昭和学院を開校、生徒に体罰

■朝川甚三郎不運の半生―3―78年、皇太子ご夫妻を歓迎―絶頂、華やかだった時期

■朝川甚三郎不運の半生―4―国語として日本語教育―かたくなに拒んだ

■朝川甚三郎不運の半生―5―語普センター発足後―日学連の内紛火吹く

■朝川甚三郎不運の半生―6―日学連不祥事で求心力喪失―〝不思議な力〟にすがる

■朝川甚三郎不運の半生―7―内助の功、妻さきさん=息子は強盗に射殺される

■朝川甚三郎不運の半生―8―息子の死後、言動に異常―嫁はひっそり別離

■朝川甚三郎不運の半生―終―晩年の最も幸福な一日―教え子たちが慰問に来た

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]
  • 東西南北2021年5月28日 東西南北  連邦政府文化局のマリオ・フリアス文化局長が、文化局内を銃を持って歩いていると報じられている。その銃は本人名義で登録した9ミリ口径のもので、それをベルトの脇に見えるようにして歩いているという。さらに、そういう状況の中で同氏が部下や下請け業者の人に向かって叫ぶ姿も見られており、文 […]
  • 東西南北2021年5月26日 東西南北  ボルソナロ大統領が23日にリオ市で行った1万人規模のマスクなしでのバイク行進は、各方面から批判を浴びている。そのすぐ前の15日にブラジリアで行われた大統領支持の集会では、参加者の一人の退職公務員女性が、すぐ後の20日にマット・グロッソ州でコロナ感染が原因で死亡していることが分 […]
  • 東西南北2021年5月13日 東西南北  11日に保健相が、出場選手をはじめとした東京五輪関係者へのコロナワクチンの接種計画を発表した。リオ五輪の際のブラジル国内でもそういう傾向が見られたが、南米圏そのものの五輪熱がもともと高くない。そのため、今回の五輪もブラジル国内の報道は多くなく、「実感がわかない」というのが実情 […]
  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]