ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年6月20日付け

 きょうと明日はサンパウロ州のサッカー・チームにとって重要な試合続き。パカエンブーはリベルタドーレス杯準決勝第2戦のコリンチャンス対サントス。パラナ州ではサンパウロFCがコリチーバとブラジル杯準決勝第2戦。明日はパルメイラスがアレーナ・バルエリでグレミオとブラジル杯準決勝第2戦。いずれのチームにとっても大事な試合だが、そのしわ寄せで全国選手権は下位に低迷中。降格に注意を。
    ◎
 17日午後8時50分頃、サンパウロ市南部のヴェルゲイロ通りで、弁護士のレナッタ・ファビアーナ・デ・カンポス・モラエスさん(38)が強盗3人に襲われ、射殺された。レナッタさんは車に乗せていた従姉妹を家の前で降ろそうとした際に襲われ、いったん手をあげ車を渡そうとしたが、犯人が発砲しそうになったためアクセルを踏んで逃げようとして頭を撃たれた。逃走中の犯人は推定18歳以下だという。
    ◎
 83歳の現役女性司会者として茶の間で人気のエビ・カマルゴが19日、サンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院で、小胞摘出の緊急手術を受けた。手術は成功したといい、術後は同病院に入院して、回復を待つ。2010年1月に腹膜癌を患い、11年9月にも化学治療のために入院を行っているエビだが、それでも自身の番組には元気に出演を継続中。今回も早期退院を。

image_print

こちらの記事もどうぞ