ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年3月20日

 きょうの本頁で報じている南大河州での真相究明委員会でもう一つ話題となったのが、サンパウロ州工業連盟(Fiesp)が軍政時代に軍に資金援助を行っていたというもの。証言者はジウマ大統領の元夫のカルロス・アラウージョ元州議員。これに対しFiespは、「民主主義の保護とブラジル発展という原則に反する出来事は解明されなければならない」との見解を示している。
     ◎
 ペレは18日、サッカーのブラジル代表(セレソン)に対し、「コリンチャンスを軸にチーム編成をするべきだ」と語った。これは自身が中心選手だった1970年のW杯が当時最強だったサントスを中心にしたことに由来する。この発言をめぐり「ペレはまた一言多い」の反応も多かったが、スペインがバルセロナFC、ドイツがバイエルン・ミュンヘンと、現在の強豪セレソンが国内最強クラブを中心に編成されているのも事実で「正論だ」との意見も。
     ◎
 サンパウロ市南部イビラプエラ公園で、サンパウロ・ファッション・ウィーク2014春夏コレクションが18日から開催中。ファッション・ショーは22日まであと3日行われ、20日のきょうは、15時からフェルナンダ・ヤマモト、21時30分から〃トリトロン〃のブランド名でカレン・フケという2人の日系デザイナーによるショーが行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年4月23日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月23日  ブラジルでも〃ガボ〃の愛称で親しまれた文豪ガブリエル・ガルシア・マルケス氏の死に対し、ブラジルの有名人も次々と追悼の辞を捧げている。ジウマ大統領は「彼は子供に新しい世界を紹介するように読者を架空都市マコンドへと誘った」とし、ルーラ前大統領は […]
  • 東西南北2014年3月28日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月28日  27日付本紙でも報じた、今年2月のサンパウロ市での強盗事件の急増だが、サッカーW杯の会場となるイタケロン・スタジアム周辺地区での犯罪急増が目立つという。同スタジアムに近いパルケ・ド・カルモでは、強盗が昨年同月比で82%、自動車強盗が59% […]
  • 大耳小耳2014年1月25日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月25日  コシノジュンコさんが企画した「かたつむりアート」。在東京ブラジルのマルコ・ファラニ総領事の依頼で、群馬大泉町のブラジル学校の子どもたちも参加することに。「ポルトガル語も話せない子どもたちだが、絵だけでも里帰りをさせたい」との思いがあったと […]
  • 東西南北2014年1月21日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年1月21日  本紙でも連日報じている、ショッピングでの不法ファンキ・イベント「ロレジーニョ」に関連した被害が先週末、サンパウロ市、そしてリオの高級ショッピングに及んだ。サンパウロ市西部のショッピングJKイグアテミは18日、ロレジーニョ開催を求めて抗議す […]
  • 盛衰激しいサンパウロ4強=サッカーチームの近況占う2013年8月31日 盛衰激しいサンパウロ4強=サッカーチームの近況占う ニッケイ新聞 2013年8月6日  ブラジルの国内サッカーは、いわゆる「12強」と呼ばれるクラブが人気、実力共に市場を独占している状況だ。中でも「サンパウロ州4強」と呼ばれるコリンチャンス、サンパウロ、パルメイラス、サントスの4チームはいずれも国内で上位の人気を誇り、動向が気に […]