ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年3月6日

 サンパウロ市カーニバルのスペシャル・グループのパレードの結果が4日に発表され、モシダーデ・アレグレが3年連続の優勝を飾った。同エスコーラの優勝はこれで10度目で、1971~73年に続き、2度目の3連覇を果たした。2位も3年連続でローザス・デ・オウロで、わずか0・3ポイントの差に泣いた。同エスコーラは「豪雨の中でパレードをやったことが考慮されなかった」と不満を漏らした。3位のアギア・デ・オウロも2年連続同順位だ。13位のペーロラ・ネグラとレアンドロ・デ・イタケラは来年は降格し、ウーニドス・デ・ヴィラ・マリアとマンシャ・ヴェルデが昇格する。

     ◎

 カーニバルの休日が終わったばかりだが、その次の休日であるパスコア(今年は4月20日)に向け、チョコレート業界が動きはじめている。現在、各メーカーは、チョコレートを製造、もしくは販売するために従業員を募集しているが、その合計は8989人にのぼるという。特に、自社製品専門の店舗を構えるカカウ・ショウでは4700人の販売員を求めているという。また、ラクタやコペンハーゲンなどでも募集中とのこと。求職中の人には朗報かも。

     ◎

 5日、南アフリカのヨハネスブルクで行われた同国とのサッカー親善試合で、ブラジル代表はネイマールが3得点をあげる活躍で5―0と快勝した。この試合ではエースの活躍と共に、故障から復帰のセンター・フォワードのフレッジや、ラフィーニャ、フェルナンジーニョの新たな召集組の戦力確認もできた。最終的なW杯セレソンの発表は5月7日だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 最後の最後に優勝決定!=16年ぶりのR・デ・オウロ=0・25差でモシダーデ下す2010年2月18日 最後の最後に優勝決定!=16年ぶりのR・デ・オウロ=0・25差でモシダーデ下す ニッケイ新聞 2010年2月18日付け  12日~14日に熱演を繰広げたサンパウロ市カーニバル、スペシャルグループの採点結果が16日に発表され、ローザス・デ・オウロが16年ぶり、7度目の栄冠に輝いた。 […]
  • 東西南北2019年3月1日 東西南北  今日1日深夜から、2夜連続で、サンパウロ市カーニバルのスペシャル・グループのパレード(デスフィーレ)が行われる。会場はおなじみの北部アニェンビのサンボードロモだ。初日の注目エスコーラは、昨年、一昨年と2年連続覇者のアカデミコス・タトゥアペーで、2日3時35分に登場。その他の強 […]
  • 「リオのカーニバル」のパレードの歴史はどのくらい?2019年3月1日 「リオのカーニバル」のパレードの歴史はどのくらい?  もう、今日が終わりそうなあたりからサンパウロ市、そして全国が注目のリオで3日の23時30分からカーニバルのデスフィーレ(パレード)がはじまる。ブラジル民にとっては、それに興味があろうとなかろうと、もはや無意識のうちに刷り込まれた日常、とでもいうべき、不可欠な存在でもあ […]
  • 東西南北2018年2月16日 東西南北  カーニバル期間中のリオ市の治安は散々だった。以前なら騒動が起こるのは、主に市の中心から離れた北部や西部のファヴェーラ周辺だったが、今年はイパネマやレブロン地区といった比較的安全だった南部の観光地でも集団強盗が頻発した。リオ州のペゾン知事も、「治安維持対策が甘かった」と自分で認 […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?2017年12月29日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?  2018年は大統領選挙の年――。独断と偏見による激論で、ブラジル社会翻訳面記者と編集長が紙上座談会でズバリ勝敗を占った。ラヴァ・ジャット作戦が進展する中で、2015年末にはジウマ大統領の罷免審議がエドゥアルド・クーニャ下院議長(当時)によって始められ、2016年8月には罷免が […]