ホーム | ニッケイ記者がゆく、W杯観戦記 | まるでホーム!? コートジボワール戦、僕がどうしても日本に勝って欲しかった訳。@レシフェ

まるでホーム!? コートジボワール戦、僕がどうしても日本に勝って欲しかった訳。@レシフェ

ペルナンブコ州はレシフェ、アレーナペルナンブコスタジアムで行われた日本代表の初戦、残念ながらコートジボワールを相手に逆転負けを喫しましたが、会場は多くの親日ブラジル人で溢れました。

その様子を写真とともにお届けします。

まるでホーム!? コートジボワール戦

こんなブラジル人、結構いました。笑 @開門前のゲート
特にテンションの高い左端のお兄さん、どうして日本を応援しているの?と聞くと

「日本が好きだから!!」と一言。
そして、、、

まるでホーム!? コートジボワール戦

とってもお茶目な方でしたが、職業を聞くとなんとレシフェ市内在住の弁護士だとか。
「レシフェはそんなにたくさん日本人、日系人はいないが、日本食を中心にしっかりとその文化は受け入れられている。市内にはたくさんレストランはあるし、私自身も寿司、手巻き、刺身なんか大好き。
他にも、人間性、規律など、皆が日本、日本人をよく思っていると思う」
と真面目なコメントも。

日本のサッカーについては、「まだまだ、改善は必要。でも、進歩の早さは素晴らしい。
何より、プレーにアレグリア(快活さ、翻って攻撃的で楽しいサッカー、と言う感じ?)がある。応援したくなるよね」と。昨年同じ会場で行われたコンフェデ杯、イタリア戦の印象が強く残っているそうです。

まるでホーム!? コートジボワール戦

お揃いの日本代シャツを着て来場したカップル。「ホンダ、カガワのコンビネーションは最高!」

まるでホーム!? コートジボワール戦
日の丸フェイスペインティングがイカすイギリス人の4人組。

スタジアムに入ると、スタンドでは、日本代表のサポーターたちが持参して配った水色のごみ袋が良い感じの応援グッズに。

特に日本側ゴール裏では、失点して意気消沈する日本人がいる中、喉が張り裂けんばかりに「ジャッポン」と声援を送っていたブラジル人が少なからずおり、胸を打たれました。。

たくさんの方々に取材する中で感じたのは、「日本のサッカーのスタイルに魅せられ、好きになった」というブラジル人の来場者が数多くいたことです。
にも関わらず、今回の試合はその姿とは程遠い内容での敗戦。
アウェーの地で、これだけの応援をもらえる試合は今後どれだけあるでしょう。
だからこそ、良い結果を残してほしかった。

多くのブラジル人たちの期待に応えるためにも、ギリシャ戦ではリスクを恐れないサッカーを!

 

話は変わって、冒頭の写真の方々が手に着けているもの、

これは地元のレシフェ日本人会の方々が「会場を日の丸で染めたい!」との思いのもと、地元企業の協力を得ながら資金を調達し作製し、試合会場や近隣のショッピング、空港などで配って回った「日の丸手袋」。話を聞きつけた日本サッカー協会の要請もあり、計5万枚が用意され、この日は3万枚が配布されました。第二、三戦の会場でも1万枚ずつが配られるそうです。

参考記事 
W杯=「日の丸で客席埋めたい」=国旗手袋5万枚を3会場で=レシフェ文協が応援品制作=梅田大使がJFAに協力要請
https://www.nikkeyshimbun.jp/2014/140605-71colonia.html

まるでホーム!? コートジボワール戦
レシフェ日本人会の元会長で、W杯特別委員会のメンバーでもある日系二世の長井忠雄さん。
「これだけの日本人がレシフェに集まることはあまりない。日本人会の存在を知ってもらう良い機会になったのでは」と感慨深げに話していました。

まるでホーム!? コートジボワール戦
ご自身もショッピングに設置された在ブラジル日本国大使館出張所前などで、配布活動に尽力しました。

ナタル、クイアバで日の丸手袋の配布をみかけたら、ぜひ積極的に受け取りにいってみてください!

 

以上、レシフェからお届けいたしました!
次回はギリシャ戦の会場、ナタル編!!

(酒井大二郎)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ市》寂しい限りの宴の後=マラカナンスタジアム周辺で犯罪多発=W杯、五輪も終わり、警備も閑散2018年6月9日 《リオ市》寂しい限りの宴の後=マラカナンスタジアム周辺で犯罪多発=W杯、五輪も終わり、警備も閑散  ロシアW杯開幕まで、あと5日。世界中の多くのサッカーファンが開幕を心待ちにしているが、4年前にサッカーの祭典の舞台となったブラジルでは、大会用に建設された一部のスタジアムがほとんど使われなかったり、W杯開催のために建てられた都市整備計画が実行さなかったりと、問題も山積 […]
  • 《ブラジル》サッカーのカカーが現役引退を発表=サンパウロ市が生んだ世界最優秀選手2017年12月19日 《ブラジル》サッカーのカカーが現役引退を発表=サンパウロ市が生んだ世界最優秀選手  2007年のサッカー世界最優秀選手で、サンパウロ市出身でもあるカカー(35)が17日、現役生活を引退することを発表した。18日付現地紙が報じている。  1982年に連邦直轄区で生まれたカカーことリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイテは、生後まもなくクイアバに移 […]
  • ブラジル代表=ドゥンガ監督を解任=後任チッチを待ち受ける試練2016年6月17日 ブラジル代表=ドゥンガ監督を解任=後任チッチを待ち受ける試練  6月12日、コパ・アメリカ100周年記念大会、1次リーグ最終戦でブラジルはペルーに0対1で破れ、グループリーグ3位に陥落、同大会から姿を消した。 ペルーの決勝点は完全なハンドで、ブラジルに同情の余地はあるが、初戦のエクアドルでは逆に誤審に助けられ、辛くも引き分け。エクアドル、 […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • アレーナ・ペルナンブッコ(Ana Araújo/ ME/ Portal da Copa)2014年7月17日 「白い巨象」が現実に?=早速ガラガラのスタジアム  【既報関連】サッカーのワールドカップ終了後に懸念されていたスタジアムの今後を示すような「低観客動員試合」が15日、早速現実のこととなり、観客へのサービスもW杯のときと大違いと、16日付フォーリャ紙が報じている。 W杯で使用された12のスタジアムのうち、全国選手権1部の強豪 […]