ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 13日に急死したエドゥアルド・カンポス氏はその前夜、グローボ局の看板ニュース番組「ジョルナル・ナシオナル」に出演し、生前最後のインタビューに答えていた。カンポス氏は母親やいとこらの縁故採用疑惑を否定した上で、現在のPT政権は「中心に古い政治を持ち込んだ」と批判した。現在の高インフレ、低成長に関しては「マクロ経済的に安全な方策をとるべきだ」とし、インタビューの最後は「ブラジルにはまだ可能性があります。共に進みましょう。(視聴者の)あなたの投票を待っています」と言って締めくくっていた。「これからの第一歩」のはずのインタビューが、最後の番組になろうとは。
     ◎
 12日朝8時30分頃、大聖市圏グアルーリョス市のマルジナル・バキリヴで、反対車線に入り込んだ車がバイクで走行中だった51歳男性をはねて死亡させ、さらにもう1台の車と正面衝突した。当てられた車の運転手は無事だったが、加害者は病院に運ばれたのち、刑務所へ連行された。加害者はこの車の強盗犯で、持ち主の35歳の女性を脅し、彼女を助手席に乗せて運転していたが、持ち主は信号で停車する直前に走行中の車から逃げたという。
     ◎
 サンパウロFCは13日、2010年のW杯でセレソンの左サイドバックのレギュラーを務めたミシェル・バストスの獲得を発表した。現在31歳のバストスは、10年W杯後はセレソンから漏れていたが、フランスのリヨンやイタリアのローマなど名門チームで活躍していた。豪華攻撃陣を誇るサンパウロが守備でもてこ入れか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2013年9月28日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年9月25日  22〜23日の聖州タクアリトゥーバでの竜巻も記憶に新しいが、カンピーナス大学の地理学者が1985年から2011年にかけて行なった調査によると、この間に伯国で起こった竜巻は合計205件で、州別最多の聖州では57回起きている。聖州の場合、25% […]
  • 東西南北2013年7月31日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年7月17日  きょう17日は、サッカーで重要な試合が二つある。ひとつは南米一をかけたリベルタドーレス杯の決勝戦第一試合のアトレチコ・ミネイロ対オリンピア(パラグアイ)戦。ミネイロはベルナールらコンフェデ杯代表選手3人を擁する強豪だが、代表入りを逃したエー […]
  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • ペシミズムが経済に悪影響しているとしたジウマ大統領(Ichiro Guerra/ Sala de Imprensa Dilma)2014年7月30日 ジウマ=経済のペシミズムを批判=W杯前同様の報道と反論=S銀行の文書に憤りも=「事実だ」とアエシオら  【既報関連】ジウマ大統領(労働者党・PT)は28日、大統領官邸でマスコミ関係者からの公開質問を受けた。その席で経済問題に関し「W杯前に見られたペシミズム(悲観主義)が今の経済に悪影響を与えている」と発言し、29日付本紙でも報じたサンタンデール銀行の文書を批判した。だが、対 […]