ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ジウマ大統領は18日、グローボ局の看板ニュース番組「ジョルナル・ナシオナル」に生出演し、インタビューを受けた。大統領は「労働者党(PT)政権の12年で、保健部門は最低限の水準を満たしていると視聴者の前で言えるか」との問いに「まだまだ改善が必要だ」と答え、「マイス・メージコス」でのキューバ人医師たちとの契約はその第一歩だと説明した。また、「メンサロン事件の被告に対するPTの連帯感」について司会者が質問したところ、大統領は「最高裁の決断に関することは話さない」と返答。司会者は「私はPTのことについて聞いている」と食い下がったが、大統領は同じ答えを繰り返した。
     ◎
 交通技術公社(CET)によると、今年の1~4月のサンパウロ市での交通事故による犠牲者が昨年同期比14・37%増え、406人になった。車やバイク、トラックなどに乗っていて死亡した人が前年比38人増え、総数を押し上げた。犠牲者が最も多かったのは南部のセナドール・テオトニオ・ヴィレラ大通りで、4カ月で歩行者6人と車両利用者6人の計12人が死亡。マルジナル・チエテ全域の死者(歩行者4人、車両利用者8人)と同じ数を記録した。
     ◎
 スポーツ裁判所は18日、10日の対サントス戦で審判に暴行をふるったとして、コリンチャンスのミッドフィルダー、ペトロスに180日間の出場停止を言い渡した。ペトロスは今年のサンパウロ州選手権で大金星の連続で優勝したペナポレンセのエースとして活躍し、それがコリンチャンスの目に止まって移籍。既に中心選手となっていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 有名女優に容赦ない罵声=過激な反ジウマ大統領デモ2016年8月3日 有名女優に容赦ない罵声=過激な反ジウマ大統領デモ  7月31日は全国規模で、8月下旬に弾劾裁判を控えているジウマ大統領に対するデモと、擁護するデモが行われたが、パラナ州クリチーバで行われた反ジウマ大統領デモでは、ある有名女優が参加者の餌食となった。 レチシア・サバテラ(45)は、90年代からグローボ局のノヴェーラで活躍している […]
  • 東西南北2016年4月12日 東西南北  ジウマ大統領罷免阻止に苦しい展開の労働者党(PT)に、追い討ちをかけるように内部分裂の危機が浮上している。11日付フォーリャ紙によると、ルーラ政権で法相を務めた、前南大河州知事のタルソ・ジェンロ氏を筆頭に、PTに失望した党員たちが今年10月の市長選後に新党結成を目指すというの […]
  • 東西南北2015年4月11日 東西南北  9日、下院のペトロブラス議会調査委員会(CPI)に召喚された労働者党(PT)中央会計のジョアン・ヴァカリ・ネット氏が同党議員らと会場に着いた直後、ハムスターとリスが会場の床を這いまわるハプニングが起きた。突然放たれた小動物に議員や警備の職員たちがあわてふためく姿は、国内の […]
  • 東西南北2015年3月19日 東西南北  ジウマ大統領の支持率が急速に下がる昨今。その大きな要因にもなっているラヴァ・ジャット作戦も現在捜査が進行中で、その展開次第ではジウマ氏の支持率がさらに下がる可能性さえある。そんな矢先、メンサロン事件の主犯として実刑判決を受けた、元ルーラ政権の官房長官ジョゼ・ジルセウ氏が経 […]
  • ジウマ大統領(Foto: Ichiro Guerra/Dilma 13)2015年1月13日 リオ五輪で抗議行動は起きるか?=「ゆがみ」を直す「ゆがみ」とは=PB疑惑次第で弾劾裁判も?! W杯はゴネ時と見る一部過激派 2014年はW杯が6月に、大統領選挙が10月にあった。だからその直前の3~5月をゴネ時とみた組合の一部過激派が造反までした。たとえば5月20、21日にサンパウロ市民を大混乱に陥れたバス運転手と車掌のストは、組合の決議に従わない一部の過激派が […]