ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 かねてから、保育所に入園できない幼児が多いことで知られていたサンパウロ市だが、同市が発表した最新統計によると、今年11月の入園待ちの3歳11カ月までの幼児の数は18万7535人となり、2007年6月に統計を発表しはじめて以来、最多となった。過去の最悪記録はジルベルト・カサビ前市長時代の12年9月の17万858人だった。フェルナンド・ハダジ市長が13年1月に就任して以来、保育所の受け入れ人数は約3万人増えてはいるが、供給が需要に全く追いついていない。サンパウロ州地裁は昨年、市に対し、16年までに10万5千人分の受け入れを増やすよう通達しているが、どうなるか。
     ◎
 3日、サンパウロ市中央部レプブリカのコンセリェイロ・クリスピアーノ通りにあるUNIESP(サンパウロ大学)の校舎の12~13階で火災が発生。14階で勤務していた女性事務員エリアナ・キンチーノさんが意識不明の状態で見つかり、消防隊が病院に運んだが死亡した。この校舎では午前中にも小火が発生しており、エリアナさんが被害にあったのは3度目の火災だった。この建物は消防署の認可を受けておらず、校内には試験を受ける学生や教師たちが大勢いたという。
     ◎
 カタールのドーハで開催中の水泳の世界短水路選手権で4日、男子200メートル・メドレー・リレー決勝でブラジル代表が見事優勝を飾った。泳者はギリェルメ・ギド(背泳)、フェリペ・フランサ(平泳ぎ)、ニコラス・サントス(バタフライ)、そして北京五輪金メダリストのセーザル・シエロ(自由形)。リオ五輪に希望が生まれた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年6月8日 東西南北  7日付アゴラ紙によると、サンパウロ市の苦情受付課が18年4月に受けた苦情の数が過去最高の2824件を記録したという。4月はちょうど、ジョアン・ドリア氏からブルーノ・コーヴァス氏に市長が変わった時期だが、苦情はそうした人事とは関係なく、「樹木の手入れ不備」(309件)を筆頭とし […]
  • 東西南北2012年11月30日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年11月30日付け […]
  • 東西南北2012年9月22日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年9月22日付け […]
  • 東西南北2019年2月2日 東西南北  ここのところ、ボルソナロ大統領や同大統領が抜擢した大臣たちと異なる見解を語って話題となっているアミウトン・モウロン副大統領が、グローボ紙への取材で「あくまでも政府でなく自分の意見」としながらも、「中絶は女性の権利だ」と語っていたことが明らかになった。この言動をめぐり、熱心なボ […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボルソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]