ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 12日に、今年2回目となる反ジウマ・デモが行われた。参加者の主張が真剣そのものなのは当然なのだが、他の国の人が見たら「これは何の行事?」と思えるほどの奇抜な格好やユーモアのセンスはやはりブラジルならではのもの。この日もサッカーのセレソンのユニフォームを着た人たちの間に、上半身にブラジル国旗を絵具で描いたり、スプレーで顔半分を緑と黄色にそれぞれ塗り分けた人の姿などが見られた。また「腐敗した」の意味の「Corrupto」の中の2文字を赤く塗って労働者党(PT)を皮肉ったボードや、ラヴァ・ジャットのセルジオ・モロ判事の名をかざした巨大十字架も登場。様々な工夫が伺えた。
     ◎
 9日にサンパウロ市西部ぺルジゼスで起こった配達員ジュリオ・セーザル・ガルヴォンさん(25)銃殺事件に関し、翌10日、フランシスコ・コスタ・シウヴァ容疑者(31)が警察に出頭し殺害を自供した。調べによると同容疑者は、今年の1月頃から、妻のある身ながらガルヴォンさんの妻と愛人関係となっていたという。それを知ったガルヴォンさんが「真相をおまえの妻にばらす」など同容疑者に脅しをかけはじめるようになっていたが、同容疑者の銃弾6発の前に沈んだ。
    ◎
 11日と12日にサッカーのサンパウロ州選手権の準々決勝が行われ、「サンパウロ州4強」のコリンチャンス、サンパウロ、パルメイラス、サントスがそれぞれ勝利し、4強入りを果たした。4強揃っての準決勝進出は4年ぶりだ。準決勝は19日で、コリンチャンス対パルメイラス、サンパウロ対サントスの対戦となる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボウソナロ […]
  • 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」2020年6月2日 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」  5月31日、サンパウロ市パウリスタ大通りで反ファシズムを訴える平和的なデモ行進が行われたが、ボウソナロ大統領支持派の乱入により、大混乱が生じた。このところ、ボウソナロ大統領やフェイクニュース(FN)捜査の対象となった人物による、ファシズム、ナチス的な挑発的行為が相次い […]
  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]
  • 東西南北2018年5月3日 東西南北  本日付本面で報じているサンパウロ市セントロの大火災は、そのショッキングな炎上の光景も重なり、1日のブラジルのニュースを独占した。その影響もあり、本来ならトップで報道されているはずのメーデーのイベントがすっかり影が薄くなってしまった。それに輪をかけるように、サンパウロ市のカンポ […]