ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 8日朝、ラジオを聴いていたら「アジアから爆弾2発!」というお題のピアーダが聞こえてきた。なんでも一つは「自らのお誕生日を水爆で壮大に祝った北朝鮮の書記長に、『常識のある人は花火か爆竹です』と箴言」。もう一つの爆弾は、昨年のブラジル選手権大会優勝のコリンチャンスを無尽蔵の〃現金爆弾〃で解体するぐらい揺さぶっている中国。「頼むから、せっかくサンパウロFCから戻ってきたアタカンチのパット(選手)だけは連れて行かないで。だって北京ダックにされちゃうから」とか。ちなみに、パットは「あひる、鴨」の意味。
    ◎
 昨年の日伯外交120周年記念の「鶴のロゴマーク」は至るところで見かけた。その影響もあって日系非日系問わず、120周年の認知はかなり進んだのでは。今年は県連が50周年の節目を迎えるにあたり、同様にロゴマークを活用するため、近く一般公募する予定だとか。日本とつながりが最も強い団体だけに、やはり〃和〃や〃絆〃を基調にしたものか。もしくは流行の「POP系」「カワイイ系」もありか。いずれにしても、早々に決めなくては認知も進まないだろう。東京五輪エンブレムのように「盗作騒ぎ」だけは避けてほしいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2013年11月30日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年11月29日  岐阜県警は今月からポ語による運転免許学科試験を導入した。岐阜新聞が報じている。運転免許学科試験の外国語導入は、2004年の英語に次いで2カ国目。記事によれば、昨年1年間の英語の学科試験受験者は延べ2357人で、うち伯人受験者は延べ340人 […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]
  • 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表2018年12月19日 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表  南米サッカー連盟(CONMEBOL)は18日、来年6月14日に開幕するコパ・アメリカの日程と試合会場を発表した。同大会にはCONMEBOL所属の10カ国に加え、招待国として、カタール、そして日本が参加して行なわれる。  コパ・アメリカは6月14日から7月7日まで、ブラジル国 […]
  • 東西南北2018年11月13日 東西南北  11日、SBT局が毎年主催する恒例のチャリティ番組「テレトン」の中で、ブラジルを代表する名司会者で同局社主でもあるシルヴィオ・サントスが、ジャイール・ボウソナロ次期大統領に電話をかけ、「これからの8年はあなたに、その次の8年を(次期法相の)セルジオ・モロ氏に大統領をつとめても […]
  • 東西南北2018年10月27日 東西南北  今月中旬に、サンパウロ市地下鉄1号線、2号線と連結した5号線の営業が通常化したことで、5号線の利用者が倍増して話題となっているが、今日は、地下鉄4号線のサンパウロ/モルンビ駅が開業することとなった。これができると、これまでバスでしか行けなかった、サンパウロFCの本拠地で、有名 […]