ホーム | 日系社会ニュース | 援協役員会=五輪で連絡先カード配布=SMA病院は順調に始動
役員会の様子
役員会の様子

援協役員会=五輪で連絡先カード配布=SMA病院は順調に始動

 サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)の1月定例役員会が先月28日、本部会議室で開かれた。援協の財務状況や、リオ五輪で配布する緊急連絡先カードなどについて報告が行われた。
 今年退任する菊地会長は、年頭所感で「ブラジル経済の悪化で、失業者や病人など困る人が増えるため、援協は忙しくなる。世の中のため、気を引き締めてがんばってほしい」と役員らに伝えた。
 12月度の会計は収入約2900万レ、支出は約2500万レだった。余剰資金は6年前に比べて3倍になったとし、佐々木弘一会計理事は「12月までの任期中、さらに資金を増やして後任に引き継ぐ」と述べた。
 リオ五輪については、各種連絡先を記載したカードを配布する計画を説明。2014年W杯では日伯友好病院、リベルダーデ診療センターだけでなく、各総領事館や日系団体への連絡先を記したカードを2千枚用意した。今回も同様のカードを作る予定だという。
 サンミゲル・アルカンジョ病院の救急診療所(PA)は、去年12月の始業から順調に稼動しており、同月のPA診察数は前月比で3・7%増となった。
 援協へ多大な支援を行なう日本国際協力財団の神内良一理事長と、日本財団の笹川陽平会長に感謝状を送ることが承認されたほか、スザノ・イペランジアホームの歩道舗装工事が終わり、3月のダリア祭りを車椅子でも散策できることなどが報告された。
 12月の退会数者は126人、新規入会が2人で会員数は9301人となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 南米初の五輪、華やかに開幕=マラカナン周辺は厳戒態勢=「情熱的で素晴らしい式典」2016年8月9日 南米初の五輪、華やかに開幕=マラカナン周辺は厳戒態勢=「情熱的で素晴らしい式典」  【リオ発=小倉祐貴記者】第31回夏季五輪が5日夜、リオ・デ・ジャネイロで華々しく幕を開けた。午後8時から始まった開会セレモニーに対し、会場のマラカナンスタジアム周辺は歩行者も入場制限の対象に。治安やテロへの課題も指摘された南米初の五輪だったが、厳重な警備の下、そうした不安を一 […]
  • 被害申告書に日本語訳=五輪向け、リオ総領事館2016年7月6日 被害申告書に日本語訳=五輪向け、リオ総領事館  【リオ・デ・ジャネイロ共同】8月のリオ五輪で多くの日本人が応援に訪れることを見込み、在リオ・デ・ジャネイロ日本総領事館はこのほど「安全の手引き」を作成した。ブラジルの治安の悪さは世界有数で、期間中に窃盗や強盗被害が出るのは避けられない情勢。同館は日本語訳付きの被害申告書をウェ […]
  • 5団体で受入れ組織発足=リオ五輪の来伯邦人向けに=応援イベント、公開練習も2016年7月9日 5団体で受入れ組織発足=リオ五輪の来伯邦人向けに=応援イベント、公開練習も  リオ五輪への来伯邦人を受け入れるため、聖市の日系5団体が「日本人訪問者サンパウロ支援委員会」を今月、立ち上げた。文協で5日午後、各団体の代表者による会見が行なわれ、特設サイトとフェイスブックページの開設、二つの応援イベントが発表された。邦人観戦者は最大で1万人と予想されている […]
  • 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中2016年4月30日 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「代表者会議」が28日、文協ビル同会議室内で行われ、県連創立50周年記念式典、第19回日本祭りの議題を中心に、熊本地震災害義援金などの報告が行なわれた。50周年記念式典は当初9月18日に予定されていたが、8月7日に前倒しとなった […]
  • ジーコ氏、W杯の過ち懸念=五輪日本代表に助言とエール=本大会開幕まで50日切る2016年6月16日 ジーコ氏、W杯の過ち懸念=五輪日本代表に助言とエール=本大会開幕まで50日切る  元サッカー日本代表監督のジーコ氏(63)が、リオ五輪に臨む23歳以下の男子日本代表について語った。1日に行なわれたジャパンハウスの会合を終えた後、取材に応じた。 「今の代表選手についてあまり知らない」というジーコ氏だが、「前回ロンドン大会でベスト4になったし、これまでの成績を […]