fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州保安局が発表した最新データによると、今年の1月から9月において、サンパウロ市での殺人事件で軍警によって殺害された人の数は287人だった。同期間中に殺人事件で亡くなった人の総数は923人なので、およそ10人中3人が軍警によって殺されている計算となる。同市の過去のデータを調べてみると、2006年1~9月には10件につきわずか1件(11%)に過ぎず、その1年前には20件に1件(6%)という少なさだった。また、今年起きた軍警による殺人のうち、約3分の1は非番の警官によるものだったという。何らかの罰則や規程を設けて対処すべき時ではないか。
     ◎
 本日15日の夜中、日付が16日にかわってすぐの0時15分、サッカーW杯南米予選のセレソンの試合が行われる。ブラジル内で助っ人ストライカーとして活躍するゲレーロやクエヴァを擁するペルーにセレソンがどう立ち向かうか。セレソンの試合はグローボ局で生中継される。また、先週末は休みだった全国選手権は、15日~17日に第35節が行われる。シーズン終了まで残り4試合。優勝や来期のリベルタ杯出場権、1部残留などを賭け、各チームの激闘が予想される。
     ◎
 今日の共和国記念日を含め、先週金曜からフェリアドン(長い休暇)を取っている人も少なくないが、その間の天気はサンパウロ州含め、南東部ではほとんどが雨という残念なものだった。その状況はフェリアドン最終日の今日もかわらず、サンパウロ市の最高気温は23度までしか上がらないとか。風邪をひかぬよう、くれぐれも気をつけて。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年3月30日 東西南北  28日に無事に18年のサッカーW杯出場が決まったセレソン。他の地域よりも予選が長く、参加チームのレベルが高いことで知られる南米予選は10月まで開催されるが、半年以上も余裕を持って出場が内定したのは異例のこと。今回、こんなに早く出場が決まったのは、同夜、ライバルと目されるアルゼ […]
  • 東西南北2020年10月9日 東西南北  春先とは思えないほどの猛暑で、とうとう「カロロン」と呼ばれ始めたここ数日の暑さ。7日はサンパウロ市で今年最も暑く、観測史上2番目となる37・3度を記録した。州内をみると最高気温が40度を超えたところが続出で、最も暑かったリンスは同州観測史上初の43・5度を記録した。そのほか、 […]
  • 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に2020年9月3日 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に  コリンチャンスのホームスタジアム、通称「イタケロン」が、2040年までの20年間「ネオ・キミカ・アレーナ」と呼ばれる事になった。サンパウロ市東部にあり、2014年W杯の開会式と開幕戦にも使われた。  コリンチャンスは1日に創立110周年を迎えたサッカーの名門チーム。 […]
  • 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲2020年7月17日 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲  保健省による16日晩発表で、新型コロナウイルスの感染者数が200万人を超えた。1日の感染者数は4万5403人(計201万2151人)、死亡者数は1322人(計7万6688人)となり、依然として米国についで世界2位だ。現在に至るまでの2カ月間、正式な保健大臣は任命されず […]
  • 《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供2020年3月24日 《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供  ブラジルでは現在、新型コロナウイルスの感染が広がっており、国内全域でプロサッカーの公式戦が中断され、リベルタドーレス杯などの国際大会や、カタールW杯南米地区予選も延期が発表された。  試合がない中、選手の体力や試合勘を落とさないよう、トレーニングだけでも行いたいところだが、 […]