ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 4日午前7時頃、サンパウロ市西部ヴィラ・ソニアで、システム・アナリストのダニエーレ・サントス・ゴメスさん(30)が、自宅を襲った強盗に射殺された。ダニエーレさんはこの日、自宅の車庫に車を入れたり出したりしていたときに武装した2人組の男性に制圧され、家の中まで侵入された。強盗はコンピューターやテレビなどを盗んでいこうとしたが、1人の注意がそれたのを見たダニエーレさんが銃を奪って抵抗しようとしたところ、背中を撃たれ、病院に運ばれたが死亡した。彼女の弟(22)も足を撃たれたが、命に別状はなかった。新年早々、悲劇の多い今日この頃だが、これもそのひとつ。
     ◎
 そろそろ2月のカーニバルに向けて全国の各市が動きはじめる頃でもあるが、有名なもののひとつ、ペルナンブッコ州オリンダで、恒例の巨大人形の披露があった。そこで紹介された新しい人形は、テメル大統領や米国のドナルド・トランプ次期大統領などだったが、説明されないとわからないほどに似ておらず、これでは逆の意味で話題になりそう。政治風刺がなにかと人気のカーニバルだけに、今年はとりわけ、この2人のマスクが話題を呼びそうだ。
     ◎
 ブラジルのテレビ創世記の際に活躍した女優ヴィダ・アウヴェスが3日、多臓器不全のため聖市で亡くなった。88歳だった。ヴィダは1951年、ブラジルのテレビ史上、はじめてキス・シーンを演じた女優として知られているが、63年にははじめて女性同士でのキスを演じた女優でもある。晩年はサンパウロ市西部スマレーでテレビ博物館の館長もつとめていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年5月19日 東西南北  17日のジョエズレイ・バチスタ氏の録音付きの報奨付供述発覚の影響はとどまるところを知らず、翌18日には早速、閣僚離脱が起きた。ブルーノ・アラウージョ(民主社会党・PSDB)都市相だ。同氏は辞任の理由を、党内の声を聞いた結果としている。14年大統領選で斬りあいのような激しい選挙 […]
  • 東西南北2017年3月21日 東西南北  17日に行われた連邦警察の「カルネ・フラッカ作戦」は、その開始のインパクトに関して言えば、静かな始まり方だったラヴァ・ジャット作戦の何十倍も国民に大きなショックを与えた。それもそのはず。ブラジルの食文化と言えば、やはり肉食。大きな串に刺したピッカーニャの薄切りを食べる姿は、サ […]
  • 東西南北2017年2月8日 東西南北  モラエス法相がテメル大統領によって最高裁の新判事に指名されたことが6日夜のブラジルの話題を独占した。国民の多くは、ラヴァ・ジャット作戦が「なんとか国民の多くが納得する形で進んでほしい」と強く願っているだけに、少しでも懸念されるような要素があると国民も気が気でないのだろう。特に […]
  • 東西南北2018年2月20日 東西南北  16日に突如発表された、リオの治安に関する連邦政府の直接統治が、当の州民にはどう映っているだろうか。「最悪なところまで悪化していたのだから仕方がない」という声もある反面、一部とは言え、地方行政機能が止められ、軍が統治に関与していることに拒否反応を示している人も少なくなさそう。 […]
  • 東西南北2017年2月11日 東西南北  サンパウロ市の電車網では8、9日と立て続けにトラブルが発生しているが、10日付現地紙によると、サンパウロ市の地下鉄は、2014年から16年の間に、維持費と改善費を大幅に減らしていたという。維持費は14年の1億1千万レアルから4700万レアルへと57%減、改善費は4億900万レ […]