ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 23日はフランスで大統領選挙の一次投票が行われ、ブラジルでもニュースやネット上でかなり注目を集めた。ブラジルでは、他国のことなのに自国の現状と比較して批判などをしはじめる人が少なくなく、元財相のマクロン氏と極右のル・ペン氏が決選投票に進むとわかると、「極右が強い今だからこそ、(リオ州選出の下院議員で大統領選出馬も言われている)ボルソナロ氏が勝つべきなのだ」という人がいたかと思うと、ルーラ氏支持と思われる人たちからは「拝金主義と極右とは嘆かわしい」という声が聞こえたり。マクロン氏に対しては「ドリア・サンパウロ市市長のような救世主」との声も出た。何でもブラジルと結びつけるのはいかがなものかとも思うが、来年のブラジル大統領選の白熱ぶりが早くも予想できる。
     ◎
 社会保障制度改革を是が非でも議会で通過させたい連邦政府だが、その手助けとばかりに、国内第2のテレビ局、SBTが年金制度改革のキャンペーンCMを展開することを決めたようだ。SBT会長は国内屈指の大富豪で知られる名司会者シウヴィオ・サントス氏だが、シウヴィオ氏はつい先日、テメル大統領と会談を行ったばかりだ。奇しくもシウヴィオ氏はその直前にも、自局の司会者に「政治的発言を慎むように」と呼びかけて話題になっていたが、このためか。
     ◎
 サッカーのサンパウロ州選手権の準決勝第2試合が22~23日に行われ、第1試合との合計の結果、ポンテ・プレッタがパルメイラスを、コリンチャンスがサンパウロを下して決勝進出を決めた。決勝は30日と5月7日に行われるが、コリンチャンスが、現在国内随一のストライカー、ポッチケルをいかに抑えるかに注目が集まりそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年7月31日 東西南北  ブラジルでは現在、大統領選に向けた党大会の真っ最中だ。次の日曜の5日までが開催期間だが、ほとんどの大統領候補はいまだに副候補が決まっていないのが現状だ。大型連立に成功したジェラウド・アウキミン氏は、たくさんの支援政党の中から誰を選ぶのかが注目されるし、少数政党の人気候補ジャイ […]
  • 東西南北2018年7月18日 東西南北  テメル大統領と上下両院議長がいずれも職務で国外に出たため、カルメン・ルシア最高裁長官が17、18日に大統領代行を務める。同長官の大統領職代行は3度目だ。一部の国民は、カルメン氏が最高裁長官としての業務を遂行できない間の代行が予想されるトフォリ副長官が、逮捕中のルーラ元大統領を […]
  • 東西南北2018年3月24日 東西南北  22日の最高裁がルーラ元大統領に対し、4月4日までは逮捕されない事を保証する暫定令を出した際、「本人のせいではない裁判の遅れで元大統領が束縛されるべきではない」と言った判事が居たとか。第4地域裁での2審で有罪とされた被告は皆、2審後の刑執行との原則に従っているのに、期間限定と […]
  • 東西南北2017年4月4日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦で疑惑の政治家として名前をあげられて以来、14年大統領選時の勢いを落としている観が否めないアエシオ・ネーヴェス氏だが、それは世論調査にも現れている。先日も少し触れたパラナー・ペスキーザという調査団体が行った18年大統領選のアンケートでは、PSDB候補がアエ […]
  • 東西南北2016年4月12日 東西南北  ジウマ大統領罷免阻止に苦しい展開の労働者党(PT)に、追い討ちをかけるように内部分裂の危機が浮上している。11日付フォーリャ紙によると、ルーラ政権で法相を務めた、前南大河州知事のタルソ・ジェンロ氏を筆頭に、PTに失望した党員たちが今年10月の市長選後に新党結成を目指すというの […]