ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》労相指名取消に刑執行問題=最高裁長官に新たな圧力

《ブラジル》労相指名取消に刑執行問題=最高裁長官に新たな圧力

 ブラジル労働党(PTB)が20日、クリスチアネ・ブラジル下議の労相指名取り下げを決めたと20、21日付現地紙・サイトが報じた。
 クリスチアネ氏の労相指名は1月3日に行われたが、同月8日にリオ州の連邦裁判所が就任を差し止めた。これは、クリスチアネ氏が非正規雇用していたお抱え運転手に長時間労働を強いた事などで、6万レアルの支払を命じられていた事と、別の運転手とも調停が成立していた事が明らかにされ、労相に相応しいかが問われたものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ