ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ルーラ元大統領が、1日付フォーリャ紙に掲載されたインタビューで、テメル大統領の事を「ゴウピ(クーデター)に勝った男だ」と評価し、話題となっている。ルーラ氏は昨年5月にブラジルを騒然とさせたJBSショックを、「グローボ局とロドリゴ・ジャノー前検察庁長官とジョエズレイ・バチスタ氏によるゴウピ」だと見なしており、「あれだけの攻撃を受けたにも関わらず、下院での罷免審理を2度とも逃げ切った」と評した。これがルーラ氏によるテメル氏に対する賞賛なのか皮肉なのかはよくわからない。だが、愛弟子のジウマ氏を罷免で追い落とした今や敵ながらも、なかなか崩れない点は評価しているのかも。
     ◎
 2月23日、サンパウロ市南部パライゾの整形外科で、脂肪吸引と整形手術を受けていた美容師のアレッサンドラ・デ・アウメイダ・マトスさん(30)が、手術中に心停止を起こし、亡くなる事故が発生した。死亡原因は現在調査中だが、アレッサンドラさんの遺族は、手術の過程で何か過ちがあったのではと医師団を疑っている。家族は今回の手術に反対だったという。今後、需要が増えそうな手術だけに、問題への対処が望まれるところだ。
     ◎
 2月28日のサッカーリベルタドーレス杯のグループ・リーグ、コリンチャンスは敵地コロンビアでの対ミジョナリオス戦を0―0で引き分けた。相手はコロンビア屈指の強豪で、慣れない高地での試合であったことを考えると、引き分けでも御の字か。少なくとも、本拠地イタケーラでの再戦が少し有利になったのは確かだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年7月18日 東西南北  テメル大統領と上下両院議長がいずれも職務で国外に出たため、カルメン・ルシア最高裁長官が17、18日に大統領代行を務める。同長官の大統領職代行は3度目だ。一部の国民は、カルメン氏が最高裁長官としての業務を遂行できない間の代行が予想されるトフォリ副長官が、逮捕中のルーラ元大統領を […]
  • 東西南北2018年3月24日 東西南北  22日の最高裁がルーラ元大統領に対し、4月4日までは逮捕されない事を保証する暫定令を出した際、「本人のせいではない裁判の遅れで元大統領が束縛されるべきではない」と言った判事が居たとか。第4地域裁での2審で有罪とされた被告は皆、2審後の刑執行との原則に従っているのに、期間限定と […]
  • 東西南北2017年12月16日 東西南北  サンパウロ市~パラナ州クリチーバ間をつなぐ高速道として知られるレジス・ビッテンコート高速道の最後の複線化工事が終了し、来週にも正式に使用される見通しだという。この高速道はかねてから交通事故による死者が多い道路として知られていたが、このたび、349キロ~353キロ、356キロ~ […]
  • 東西南北2017年8月11日 東西南北  ここ数日は、細かいながらも政界で様々な動きがあった。8日夜は、テメル大統領がラケル・ドッジ次期検察庁長官と22時過ぎにスケジュール外の会合。その姿をまるで芸能人へのパパラッチ写真のようにグローボ局に撮られてしまい、ドッジ氏にとっては手厳しい洗礼が浴びせられた。その一方、アエシ […]
  • 東西南北2017年4月25日 東西南北  23日はフランスで大統領選挙の一次投票が行われ、ブラジルでもニュースやネット上でかなり注目を集めた。ブラジルでは、他国のことなのに自国の現状と比較して批判などをしはじめる人が少なくなく、元財相のマクロン氏と極右のル・ペン氏が決選投票に進むとわかると、「極右が強い今だからこそ、 […]