ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 服役中にもかかわらず、ルーラ元大統領を大統領選の候補にすることにこだわり続けている労働者党(PT)。現地紙によると、大統領選に際した同党の公約の中には「最高裁に制限を加える」というものがあるという。それによると、「最高裁判事は憲法を遵守し、かつ、国際感覚を持った人でなければならない」といい、「最高裁と高等裁の判事には任期を設けたい」という。それに加え、司法関係者に対し「住宅手当の廃止」や「休暇の短縮」を行い、さらに長官職は司法関係者全体での直接選挙にしたいという。ルーラ氏が実刑を受けたことへの司法界への報復でないことを祈りたい。
     ◎
 21日、サンパウロ大都市圏のオザスコ市で、20歳の女性が母親(39)の再婚相手(28)から、ナイフで40カ所を刺される事件が起きた。女性は一命をとりとめたものの、重傷で現在入院中だ。この義父は、被害者の女性の母親が買い物に出かけている間に彼女を襲い、そのまま行方をくらましているという。調べによると、男性と彼女の母親は3年前から交際を始め、以来、一家の仲は険悪になったという。娘は同居せずに祖母の家で生活しており、母を訪れた際にこの悲劇が起きた。
     ◎
 26日のサッカーの全国選手権、サンパウロは敵地ポルト・アレグレでの対グレミオ戦で先制したが、1―2で逆転負けした。この前日、首位を行くフラメンゴがサントスと引き分けたため、この試合でサンパウロが勝てば首位に浮上できていたが、そうはならなかった。サンパウロは勝ち点差2の状態でフラメンゴを追っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年8月17日 東西南北  7月開通との話が8月になり、月半ばにして情報が途絶えていたサンパウロ市地下鉄5号線の4駅について、サンパウロ州運輸局のクロドアウド・ペリッシオーニ局長が16日、ラジオのジョーヴェン・パン局の取材で「最悪でも1カ月以内に開通」と答えた。それによると、現在、懸案となっているのが1 […]
  • 《ブラジル》大統領選=左翼でも連立模索の動き=4党の幹部が会合開く=マリーナはPVと連立か=地方選などでも協力へ2018年8月2日 《ブラジル》大統領選=左翼でも連立模索の動き=4党の幹部が会合開く=マリーナはPVと連立か=地方選などでも協力へ  大統領選に向け、これまでまとまっていなかった左翼政党が協力体制を見せはじめた。また、これまでは具体的な動きの見えなかったマリーナ・シウヴァ氏(REDE)も、連立に向けて動きはじめている。1日付現地紙が報じている。  大統領選では各政党が候補を出しているためにまとまり […]
  • 東西南北2018年7月18日 東西南北  テメル大統領と上下両院議長がいずれも職務で国外に出たため、カルメン・ルシア最高裁長官が17、18日に大統領代行を務める。同長官の大統領職代行は3度目だ。一部の国民は、カルメン氏が最高裁長官としての業務を遂行できない間の代行が予想されるトフォリ副長官が、逮捕中のルーラ元大統領を […]
  • 東西南北2018年5月3日 東西南北  本日付本面で報じているサンパウロ市セントロの大火災は、そのショッキングな炎上の光景も重なり、1日のブラジルのニュースを独占した。その影響もあり、本来ならトップで報道されているはずのメーデーのイベントがすっかり影が薄くなってしまった。それに輪をかけるように、サンパウロ市のカンポ […]
  • 東西南北2018年4月18日 東西南北  パラナ州クリチーバでルーラ元大統領のためにキャンプを行う団体が大量にいることは昨日付本紙でも報じたが、ルーラ氏が彼らに対して手紙を書き、グレイシ・ホフマン労働者党(PT)党首が16日に支持者の前で読み上げた。ルーラ氏は「私は司法機関を信じているが、無実で捕まった多くの人たち同 […]