ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ここ1週間ほど、連日のようにボルソナロ氏のニュースが報じられているが、6日に起きたボルソナロ氏刺傷事件の真相をめぐり、同氏の熱心な支持者たちが、警察に頼らずに自分たちで捜査を行おうとしており、連邦警察が遺憾に感じ、事態を心配しているという。メディアの情報からは、同氏の支持者たちが様々なことに強い猜疑心を抱いている様子が垣間見られているが、犯罪捜査においてはプロの資格があり、その権利が法的にも保障されている機関の行動は、しっかりと尊重するべきでは? 自分たちの納得する結果が出ないために、焦る気持ちが募るのはわかるが、今後のためにも社会のルールは守ってほしいところ。
     ◎
 CPTM9号線で13日、電車が止まり、長時間にわたり混乱が続く事態が起きた。これは午前10時頃、同線のピニェイロス駅とエブライカ・レボウサス駅の間で電力ケーブルに異常が発生したために起こったもので、発生してしばらくは、乗客が下車して線路の上を歩いて進む姿が見られた。同線ではこの後も、オザスコ駅からグラジャウー駅の間が午後3時50分まで減速運転となった。地下鉄も含め、鉄道関係の事故や故障の多さは相変わらずだ。
     ◎
 今週末はサッカー全国選手権の第25節。サンパウロ州勢の試合は明日16日で、現在首位と勝ち点差なしで2位のサンパウロは敵地でのサントスとのクラシコ(伝統カード)だ。最近、エース、ガビゴルの活躍で調子のよいサントスだけに、サンパウロは要注意だ。また、首位、2位を勝ち点差3で追うパルメイラスは、敵地でのバイア戦だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年4月30日 東西南北  交通違反をチェックするためのレーダーの多くを国道から撤去しようと試みたり、自動車免許証の免停基準を緩くさせようとしたりしているボルソナロ大統領だが、このほど、ボルソナロ一家には過去5年間で40を超える交通違反があることが判明した。違反件数は長男フラヴィオ氏の15を筆頭に、三男 […]
  • 東西南北2019年4月27日 東西南北  ボルソナロ大統領は25日、2019年は夏時間を行わないという大統領令に正式に署名した。ブラジルの夏時間の採用は1931年と古く、1985年~2018年は、途切れることなく実施されてきた。夏時間は電力消費の節約を目的としており、国民からは実施取り止めに反対する声も少なくないが、 […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボルソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年8月15日 東西南北  大統領候補のジャイール・ボルソナロ氏が雇っていた「架空の議員職員」とされる人物で、同氏の家庭内労働者の家族とされるヴァルデリセ・サントスさんが、つい最近、解雇されていたことが判明した。彼女はリオ州内でアサイーの店を経営する人物で、ボルソナロ氏の疑惑は今年1月に浮上。以来、この […]
  • 東西南北2016年4月12日 東西南北  ジウマ大統領罷免阻止に苦しい展開の労働者党(PT)に、追い討ちをかけるように内部分裂の危機が浮上している。11日付フォーリャ紙によると、ルーラ政権で法相を務めた、前南大河州知事のタルソ・ジェンロ氏を筆頭に、PTに失望した党員たちが今年10月の市長選後に新党結成を目指すというの […]