ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 11日、SBT局が毎年主催する恒例のチャリティ番組「テレトン」の中で、ブラジルを代表する名司会者で同局社主でもあるシルヴィオ・サントスが、ジャイール・ボウソナロ次期大統領に電話をかけ、「これからの8年はあなたに、その次の8年を(次期法相の)セルジオ・モロ氏に大統領をつとめてもらいたい」と語った。同発言は強い賛否両論を呼んだ。普段、政治的主張を行わず、出演者にも控えさせることで有名な同氏にしては珍しい言動。ネットでも話題となったが、コメントの中では同氏の年齢(87歳)を皮肉った、「でも、そういう将来を見届けることはないだろうね」というきついジョークも受けていた。
     ◎
 11日にサンパウロ市インテルラゴス・サーキットで行われたF1のブラジルGPはイギリスのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。今回、彼はポール・ポジションを取るなど、最初から優勢で、その勢いのまま逃げ切った。同GPでのハミルトンの優勝は2年ぶり2回目だが、今年は前節メキシコGPですでに、自身5度目となる年間王者の座も決めていた。開催のタイミングの問題もあるが、毎年、世界王者が確定した中の消化試合的な開催はやや淋しい。
     ◎
 10日のサッカーの全国選手権。イタケーラでのコリンチャンス対サンパウロFCの伝統の一戦は、1―1の引き分けに終わった。降格圏内の17位との差が5点で13位のコリンチャンスとしてはなんとか勝っておきたかったが。一方、サンパウロはリベルタドーレス杯進出圏内の6位と勝ち点差11の5位。なんとか進出はできそうか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月27日 東西南北  今月中旬に、サンパウロ市地下鉄1号線、2号線と連結した5号線の営業が通常化したことで、5号線の利用者が倍増して話題となっているが、今日は、地下鉄4号線のサンパウロ/モルンビ駅が開業することとなった。これができると、これまでバスでしか行けなかった、サンパウロFCの本拠地で、有名 […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]
  • 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る2019年1月23日 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る  17日よりチリで開催されている、U20サッカー南米選手権。南米大陸ナンバーワンの座と、5月に開催されるU20W杯の出場権をかけて、10カ国が争う。  サンパウロFCでプロデビュー、ブラジル国内ではサントスやコリンチャンスでもプレー、その後は日本の柏レイソルや清水エス […]
  • サッカーU20南米選手権=ブラジルは期待のヴィニシウスJr.を招集できず=黄金世代のはずもサントスFCロドリゴ頼み2018年12月14日 サッカーU20南米選手権=ブラジルは期待のヴィニシウスJr.を招集できず=黄金世代のはずもサントスFCロドリゴ頼み  ブラジルサッカー連盟(CBF)は13日、来年1月にチリで開催されるサッカーU20南米選手権の代表選手を発表した。この大会は、同年6月にポーランドで開催されるU20ワールドカップの予選も兼ねており、上位4チームが出場権を獲得できる。  本来この世代は、2017年のU1 […]
  • 東西南北2018年1月30日 東西南北  ブラジル電信インフラ協会が先頃、サンパウロ市内における携帯電話のつながりの良い地区と悪い地区の上位10カ所を発表した。それによると、最もつながりやすいのは1位のセー(セントロ)、2位のモルンビーと、10位までは全てセントロと西部地区で占められた。逆に最も悪いのは1位のシダーデ […]