ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=100以上建つ高架橋下の有効活用を狙う=3カ所の利用案公募を開始

サンパウロ市=100以上建つ高架橋下の有効活用を狙う=3カ所の利用案公募を開始

サンパウロ市は多くの高架橋が建っている(Cesar Ogata/SECOM)

サンパウロ市は多くの高架橋が建っている(Cesar Ogata/SECOM)

 サンパウロ市は〃高架橋の街〃と称されるほど高架橋が多く、その数は168に上っている。これらの高架橋下のスペースを有効活用すべく、ブルーノ・コーヴァス市長が動いていると13日付現地紙が報じた。
 サンパウロ市は計画の第1段階として、55の高架橋と七つの橋を選定した。第2段階では、その数は120に達する予定だ。
 市はパイロット計画用に、市内西部のポンペイア、アンタルチカ、ラッツパの3カ所の高架橋を選定。12月5日を期限として、民間主導の利用案を公募している。
 公募案を基に、サンパウロ市は来年上半期に、3カ所の開発、運営に関する民間委託計画を発表する予定だ。
 サンパウロ市の民間委託推進局長のウィルソン・ポイ氏は、「すでに、建築事務所やレストランなど、関心を示すところは出てきている」と語っている。委託契約期間は3~5年になる見込みだ。
 サンパウロ市では1994年から、高架橋下のスペースの有効活用についての議論を重ねてきた。62の高架や橋の下の総面積は29万平米(内、天井付スペースは17万5千平米)で、金網などで287に分割されている。
 16年の調査では、区切られたスペースの内、101カ所は空き地だったが、34カ所はスポーツ施設、30カ所は駐車場、27カ所はエコ・ポイント、20カ所はエスコーラ・デ・サンバの練習場として利用されていた。不法住居になっている所も19カ所あった。
 「ただの民間委託計画の枠に収まらず、安全で魅力的、かつ、美しく、経済効果ももたらすような場所になれば。時節に合ったイベントも毎週、行いたい」と、ポイ氏は語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオのカーニバル出場順を発表=7月11、12の両日に2020年12月17日 リオのカーニバル出場順を発表=7月11、12の両日に  リオ市のエスコーラ・デ・サンバ独立リーグ(Liesa)が14日午後、21年7月11、12日の両日に予定されているスペシャルグループの行進(デスフィーレ)の順番を決めた。  新型コロナの感染拡大を防ぐため、抽選は各エスコーラの代表だけが参加して行われた。  11日の […]
  • 東西南北2020年10月21日 東西南北  サンパウロ市内のフェイラの中には、NPOと称する団体が新型コロナウイルスの簡易検査を行っているところがある。10月13日現在の同NPOのデータだと、1029人がテストを受けたところ、960人は陰性だったが、69人は陽性だったという。この検査は15分間で結果が出る上、検査にかか […]
  • リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第2020年9月29日 リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第  「リオのカーニバル」がコロナ禍のために延期される事になったと24日付伯字紙サイトが報じた。  エスコーラ・デ・サンバの代表達が24日に満場一致で決めたもの。21年2月のスペシャルグループのパレードは、日程未定のまま延期となった。代表達は、新たな日程は予防接種ワクチン […]
  • 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も2020年7月28日 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も  新型コロナウイルスの影響により、年越しイベント(レヴェイオン)やカーニバルのようなサンパウロ市やリオ市に代表される大型イベントの開催が、続々と中止や延期になっている。25~27日付現地サイトが報じている。  年越しイベント「レヴェイオン」に関しては、サンパウロ市のパ […]
  • 東西南北2020年7月23日 東西南北  サンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)に出場するエスコーラ・デ・サンバ(サンバチーム)が「来年のカーニバルは5月に開催してほしい」と、主催者である市に希望していることがわかった。通常は2~3月。20日にスペシャル・グループに属するチームの連合会「LIGASP」の会合 […]