ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 来年6月に国内5都市6会場を舞台に行われる、サッカーの南米選手権(コパ・アメリカ)に日本代表が招待出場する事が11日に正式発表された。南米サッカー連盟には10カ国しか所属していないため、4チームずつのグループを三つ作るために毎回2カ国が招待されている。今回はアジアから日本とカタールが招待された。日本の南米選手権出場は、1999年のパラグアイ大会以来2度目だ。日本は13年コンフェデ杯、14年W杯、16年リオ五輪に、来年の南米選手権を合わせると、7年で4回目のブラジル開催の大会出場となる。過去3大会で1勝しかできていないが、今度こそ、現地日系人に歓喜をとどけられるか?
     ◎
 1980年代に人気を博したピエロ、「ピコリーノ」ことロジェール・アヴァンシが10日、サンパウロ市南部プラッサ・ダ・アールヴォレの自宅で多臓器不全のために亡くなった。96歳だった。ピコリーノは正式には二代目にあたる。初代は、サンパウロ州にあったサーカス団「ネリーノ」の団長だった彼の父だ。1960年代にピエロとして成功を収め、70年代にはサーカス学校を開校。80年代にはクウツウラ局の番組「バンバラオン・サーカス」で人気者となっていた。
     ◎
 2018年も残り3週間足らずとなり、年末気分が高まっているが、サンパウロ市では21日から、末尾番号による乗り入れ規制「ロジージオ」が解除される。今回の解除期間は3週間以上続き、再びロジージオが始まるのは来年の1月14日からとなる。年末年始は概して交通量は減るが、くれぐれも事故のないよう。

image_print

こちらの記事もどうぞ