ホーム | ブラジル国内ニュース | べビアーノ反撃、録音暴露=大統領との3回の会話公開=軍官僚らカルロスに不快感=暫定令の下院承認で初大敗

べビアーノ反撃、録音暴露=大統領との3回の会話公開=軍官僚らカルロスに不快感=暫定令の下院承認で初大敗

グスターヴォ・ベビアーノ氏(Valter Campanato/Ag. Brasil)

グスターヴォ・ベビアーノ氏(Valter Campanato/Ag. Brasil)

 社会自由党(PSL)の幽霊候補疑惑の責任を追及され大統領府総務室長を18日夜に更迭されたグスターヴォ・ベビアーノ氏は翌19日、ボウソナロ氏とワッツアップを通じて行なった12日の3回の会話録音をヴェージャ誌に渡して、同誌がネットで流した。大統領と次男カルロス氏が「べビアーノ氏は(12日に大統領と3回話したと)嘘をついた」との証言が覆され、グローボTV局などが大々的に報道したことで波紋が大きく広がっている。20日付現地紙が報じている。

 18日午後、ヴェージャ誌はサイトを通じ、べビアーノ氏が渡した12日録音のボウソナロ氏との会話を公開した。これは「幽霊候補疑惑」「リカルド・サレス環境相らのアマゾニア行きの行事キャンセル」「グローボ局の取材」など、3つの音声から成り立っており、同氏がグローボ紙などに語った「きょう(12日)、ボウソナロ氏と3度会話をした」という証言が正しかったことをアピールした。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ