ホーム | 日系社会ニュース | 『ワンダーランド ブラジル』=地域別の魅力をたっぷり紹介

『ワンダーランド ブラジル』=地域別の魅力をたっぷり紹介

本書の表紙

 ブラジルの地域別の特色や、コーヒー、大衆音楽フェイジョアーダなどブラジル文化の魅力を短歌と共に紹介する『ワンダーランド ブラジル 5つのエリア 未知なる素顔と7つの魅力』(田所清克、玉川裕子著、261頁、角川文化振興財団)が出版された。
 著者の田所氏は京都外国語大名誉教授でブラジル研究の第一人者。玉川氏はブラジルのサントス商工会議所認定の「コーヒー鑑定士」の資格を保有し、歌人でもある。
 本書の1部ではブラジルの北部、北東部、南東部、南部、中西部の5エリアをそれぞれ掘り下げ、2部ではコーヒーや、サンバ、ショーロ、ボサ・ノヴァなどの音楽、カシャサなどブラジルを代表する文化や歴史の魅力を紹介し、それらに対する考察を述べたもの。
 田所氏による詳細な記述の各所に、玉川氏による短歌とコラムが散りばめられ、現地に行ったような感覚に浸れる。まさにブラジルの魅力を堪能できる1冊といえそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ