ホーム | 日系社会ニュース | 『ワンダーランド ブラジル』=地域別の魅力をたっぷり紹介

『ワンダーランド ブラジル』=地域別の魅力をたっぷり紹介

本書の表紙

 ブラジルの地域別の特色や、コーヒー、大衆音楽フェイジョアーダなどブラジル文化の魅力を短歌と共に紹介する『ワンダーランド ブラジル 5つのエリア 未知なる素顔と7つの魅力』(田所清克、玉川裕子著、261頁、角川文化振興財団)が出版された。
 著者の田所氏は京都外国語大名誉教授でブラジル研究の第一人者。玉川氏はブラジルのサントス商工会議所認定の「コーヒー鑑定士」の資格を保有し、歌人でもある。
 本書の1部ではブラジルの北部、北東部、南東部、南部、中西部の5エリアをそれぞれ掘り下げ、2部ではコーヒーや、サンバ、ショーロ、ボサ・ノヴァなどの音楽、カシャサなどブラジルを代表する文化や歴史の魅力を紹介し、それらに対する考察を述べたもの。
 田所氏による詳細な記述の各所に、玉川氏による短歌とコラムが散りばめられ、現地に行ったような感覚に浸れる。まさにブラジルの魅力を堪能できる1冊といえそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • トレンディ・ツーリズモ=外出自粛中の連絡先お知らせ2020年4月24日 トレンディ・ツーリズモ=外出自粛中の連絡先お知らせ  旅行会社トレンディ・ツーリズモは、クアレンテーナ(検疫)により、在宅勤務で顧客対応を行っている。航空便運行状況の相談などは以下まで。24時間対応・ポルトガル語、日本語両方対応可能とのこと。  連絡先は、以下のいずれか。関根さん(電話/ワッツアップ=11・97133・3539 […]
  • ボサノーヴァは誰が作ったの?=稀代の奇人ジョアン・ジルベルトか=サンパウロ市在住  坂尾 英矩2020年2月20日 ボサノーヴァは誰が作ったの?=稀代の奇人ジョアン・ジルベルトか=サンパウロ市在住  坂尾 英矩 ボサノーヴァ創世記に飲み歩いた音楽仲間たち  ブラジルの有名な奇人ミュージシャン、ジョアン・ジルベルトが昨年7月6日88歳で他界したニュースは、世界中の多くのマスコミで「ボサノーヴァの創始者」として大きく扱われました。中には「ブラジル音楽を改新して世界へ広めた功績 […]
  • 折り紙月刊誌で五輪特集=キリスト像の作り方も掲載2016年9月23日 折り紙月刊誌で五輪特集=キリスト像の作り方も掲載  日本折紙協会が発行する『月刊おりがみ』の8月号で、「ブラジルでオリンピック」と題する特集が組まれた。序文には「スポーツほかカーニバル、大自然、農業、資源など…。遠い国なのに、ブラジルのイメージはどれも強烈」と記され、過去の関連作品の紹介や、キリスト像の折り方が解説されてい […]
  • 本門佛立宗=〃佛立聖地〃に宝塔完成=日水上人の悲願が結実=終戦70年、平和の鐘響かせ2015年8月15日 本門佛立宗=〃佛立聖地〃に宝塔完成=日水上人の悲願が結実=終戦70年、平和の鐘響かせ  ブラジルにおける本門佛立宗の初祖・茨木日水上人の悲願が結実しようとしている。2011年、本門佛立宗(コレイア教伯教区長)は、全国信者の浄財でサンパウロ州タピライ市にある自然保護区に76アルケールの土地を購入し、寺や福祉・教育施設を併設する〃佛立聖地〃を建設すると発表した。 […]
  • 佐賀県人会、還暦祝う=母県から15人が慶祝に=更なる友好深化に向けて2015年8月4日 佐賀県人会、還暦祝う=母県から15人が慶祝に=更なる友好深化に向けて  ブラジル佐賀県文化協会(西山実会長)が2日、創立60周年を祝ってサンパウロ市の同会会館で記念式典を行なった。副島良彦副知事、中倉政義県議会議長および一般参加者含め15人の慶祝団を迎え、会発足から還暦の節目を祝った。  1910年、サントス港に到着した第2回ブ […]