ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》モロ法相=パンク・イベント取調べへの見解を表明=各方面から対処に違和感唱える声

《ブラジル》モロ法相=パンク・イベント取調べへの見解を表明=各方面から対処に違和感唱える声

「ファカーダ・フェスト」のポスター(同イベントのインスタグラムより)

 セルジオ・モロ法相が27日、ボウソナロ大統領を批判するパンクロックのイベントに対して取調べがなされたことを肯定する発言を行い、強い違和感や批判を招いている。
 事の発端は、パラー州ベレンで行われているパンクロックのイベント「ファカーダ・フェスト」で、出演バンドとイベンターが地元の警察から取調べを受けた。この件では既に、ネット上で「検閲行為だ」と反論する声があがっていた。
 このイベント名にある「ファカーダ」とは、ボウソナロ大統領が2018年の大統領選のキャンペーン期間中に暴漢に胸をナイフで刺された事件のことをさしている。さらに、同イベントの告知ポスターにはかねてから、「公害物質を口から吐いて環境破壊を行うボウソナロ氏」「ヒトラー風の髭を生やしたボウソナロ氏」などのイラストが使われていた。

 この件に関して、モロ氏はツイッター上で、「大統領であれ、一般市民であれ、誰かが串刺しにされたり、ナイフで刺されたりする表現を使ったポスターなどの表現は許されるべきではない」とし、今回の命令を出したのは自分ではないとしながらも、「自分でも取り調べ命令は出しただろう」との発言を行った。
 すると、ツイッター上では、「では、なぜ、反議会、反最高裁という、民主主義を危ぶむデモには反対の声をあげないのだ」「右翼が(労働者党政権時代の大統領の)ルーラやジウマが首を吊られたり、(女性である)ジウマに性差別的行為を行ったりする写真や絵を使っても取り調べもしないくせに」などの反論の声が多くあがった。
 モロ法相は2014年から18年にかけて、ブラジル政界史上最大の汚職摘発計画の「ラヴァ・ジャット作戦」担当判事として、政治家に厳しい裁きを行ったことで人気があり、現在も、「もし大統領選に出馬すれば票を入れる」という国民は多い。
 だが、保守性の強さで知られる南部パラナ州の出身で、家族ぐるみで保守系政党とのつながりが強い上、ラヴァ・ジャット作戦では、保守系政党の政治家を裁かなかった一方、ルーラ元大統領には実刑判決を下したことから、かねてから左派系の人たちからは反感が強い。さらに、同氏が、女性や黒人、先住民、LGBTへの差別発言で有名だったボウソナロ氏の法相になったことや、携帯電話の盗聴記録で判事時代の素顔があかされたことなどで、その反感が強まっていた。
 ボウソナロ氏の刺傷事件も、左派系国民の間では、「同情票で当選するための狂言」と信じる人たちが少なくない。また、実行犯が犯行の2カ月前に居住地から遠く離れたサンタカタリーナ州で射撃練習をしていた日、同じ練習場の敷地内に、同じく同地には何のゆかりもない大統領次男のカルロス氏がいた記録があったなどの疑惑も、かねてからささやかれている。
 パンクロックはただでさえ、反政府的な反逆的な歌詞の内容で知られるが、先週末から今週にかけて行われたサンパウロ市やリオ市のカーニバルのパレードなどでも、ボウソナロ氏は続々と批判の対象にされていた。(27日付フォーリャ紙電子版より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》セアラー州の軍警ストようやく終結=カーニバル中、約2週の混乱=他州や国にも広がった不安2020年3月3日 《ブラジル》セアラー州の軍警ストようやく終結=カーニバル中、約2週の混乱=他州や国にも広がった不安  1日、セアラー州の軍警が、12日間にわたって行われたストの終結を宣言した。その間、同州内での犯罪が飛躍的に増加し、連邦政府が治安強化のために軍隊の派遣を行うなど、大きな混乱を生じさせた。2日付現地紙が報じている。  今回のストは、州政府が出した給与調整案を不服とする […]
  • 《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人2019年2月12日 《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人  暦の上では、今年のカーニバルは3月5日。サンパウロ市では3月1日からサンバチームのスペシャルグループのパレードが始まる。中小規模のブロッコが街を練り歩く、道のカーニバルはすでに盛り上がり始める中、恒例の有名人、話題の人物のお面が売られ、好評を博している様子や、主要エス […]
  • 東西南北2020年2月20日 東西南北  19日付現地紙によると、サンパウロ市内では、ピーク時(5時~8時59分、16時~19時59分)におけるバスの平均時速が、わずか16キロだったという。また、2009年以降の平均時速の最高は、午前、午後とも、17キロだったという。昨年のサンパウロ市の市民ミニ・マラソン「サンシルヴ […]
  • 東西南北2019年10月16日 東西南北  15日のPSL党首ルシアノ・ビヴァール氏への連警による家宅捜査は、同氏とボウソナロ大統領の仲を決定的に引き裂く原因になりかねない。一部情報によると、大統領長男のフラヴィオ上議、三男のエドゥアルド下議がボウソナロ氏のPSL残留に向けて工作をはじめているなどの報道もあった矢先。政 […]
  • 《ブラジル》2019年10大ニュース=ボウソナロ大統領一色の1年=大統領の息子たちもしばし話題に=南米そのものが荒れ模様2019年12月27日 《ブラジル》2019年10大ニュース=ボウソナロ大統領一色の1年=大統領の息子たちもしばし話題に=南米そのものが荒れ模様  2019年も「激動のブラジル」の印象は変わらず、多くのニュースで賑わったが、それらの中で本紙が独自に順位をつけた10項目を紹介し、振り返ってみる。  第1位は、「ボウソナロ大統領、世界で有名人に」。就任前から「南米のトランプ」として注目され続けていた大統領は、その数 […]