ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》「コロナなんて中国の陰謀」=公園に居座った女性、暴れて逮捕

《サンパウロ州》「コロナなんて中国の陰謀」=公園に居座った女性、暴れて逮捕

女性の逮捕の瞬間(ツイッターより)

 サンパウロ州で13日朝、外出自粛令を破り、立ち入りが禁止されている公園に踏み入っていた女性が、市警備隊員に対し、「コロナウイルスはコミュニストの陰謀」などと反論。取り乱した末に逮捕される事件が起きた。

 事件が起きたのはサンパウロ州アララクアラ市で、コロナ対策で立ち入り禁止となっていた、富裕者の住む住宅地の近くにある公園でくつろいでいた44歳の女性に、市警備隊員が注意した。
 すると女性は、「私は自由よ。ここはコミュニズムの場所じゃない。労働者党が結びついていた中国のものじゃない。コロナウイルスのバカ騒ぎなんて私の知ったことじゃない。あんなのは共産独裁国家の仕掛けたものよ」などと反論。市警備隊員たちは、20分間にわたって説得を試みたが、女性は聞き入れなかった。
 「コロナウイルスの中国による陰謀論」はボウソナロ大統領三男のエドゥアルド下議や、アブラアン・ウェイントラウビ教育相が唱え、問題となっていた発言で、ボウソナロ大統領支持者が好んで使う言い回しだ。
 女性がそのうちに激昂しはじめ、市警備隊員を蹴るなどの行為に出たため、警備隊員4人で取り押さえ、警察に連行した。警備隊員の一人は、腕にかみつかれ、衣服の袖に穴が開くという被害も受けた。
 女性は釈放後も、「公園にいる権利は憲法で保障されている」などと語っている。(13日付エスタード・デ・ミナス紙サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ