fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 イギリスの雑誌「ランセット」が最新号で、ボルソナロ大統領を「ブラジルのコロナウイルス対策の最大の脅威」と呼んで酷評した。同誌は約200年の歴史を誇り、保健関係では世界的な権威だ。大統領は過去に米国やイタリアの新聞でも酷評されている。そんな最中、大統領は今週末、約30人の来客を招いてシュラスコやサッカーをする予定だという。ここ連日、感染者が1日に約1万人のペースで増え、来週にはドイツやフランスの感染者数を抜くと予想される上、死者総数も週末に1万人を超えるのが確実だ。世界の目がよりブラジルや自分に向きやすくなるが、大統領はそのことを自覚しているのだろうか。
     ◎
 リカルド・サレス環境相が、所属政党ノーヴォから除名処分を受けていたことが明らかになった。同相は昨年8月に法定アマゾンの森林火災が増加した際も対応の甘さを批判され、最近も、ガリンペイロの不正行為の捜査を行おうとした国立再生可能天然資源・環境院(IBAMA)の責任者を解雇したりして問題視されていた。今回の除名の理由は「党に無断で大臣職就任を了承したこと」。新興保守政党として注目の同党も大統領との折り合いは微妙か。
     ◎
 ここ最近、週末になるとボルソナロ大統領と支持者の行動が物議を醸す事態が続いている。サンパウロ市では、コロナの感染拡大を抑制するための隔離政策反対を訴える車両デモ(カレアッタ)が繰り返されている。来週からはロディジオの厳格化などが始まる予定なので、車両デモも制限を受けることが必至だが、その前の最後の週末。今回は何が起きるのか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 《ブラジル》外国人投資家の撤退急増=引き揚げ額は昨年の倍に=景気回復の動きはあるが2020年10月3日 《ブラジル》外国人投資家の撤退急増=引き揚げ額は昨年の倍に=景気回復の動きはあるが  ボルソナロ大統領が当選し、ゲデス氏を経済相に据える事を明らかにした時、外国人投資家を含むマーケットは好感を示した。だが、コロナ禍の影響や財政危機の可能性の高まり、政界の混乱などで、株式市場から撤退する外国人投資家が続出しており、1~9月の引き揚げ額は既に、昨年1年間の […]
  • 東西南北2020年9月26日 東西南北  24日、イポッピによるボルソナロ政権への世論調査が発表され、「良い」が40%で「悪い」が29%と、政権発足後、最良の数字を記録した。ただ、「ボルソナロ大統領への信用度」は「信頼しない」が51%で、「信頼する」が46%だった。一方「悪い」と評価された分野は「失業対策」が60%、 […]
  • 東西南北2020年9月22日 東西南北  20日に行われた女子ビーチバレーの大会で3位に入った2人組のチームのひとり、カロル・ソルベルグがインタビュー中に突然、「フォラ(やめろ)、ボルソナロ」と大統領を批判する発言を行い、話題となった。ブラジル・バレーボール連盟(CBV)は、この発言に強い不快感を示した。同連盟は、公 […]
  • 東西南北2020年9月11日 東西南北  10日付現地紙によると、大サンパウロ都市圏に水を供給している水系の貯水量が、この1年間で21%落ちたという。昨年の9月9日現在の貯水量は1兆3464億4千万立法メートルだったが、今年の同日は1兆604億4千万立法メートルになったという。ただでさえ、乾季で雨量が減る上、今年はコ […]