ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 イギリスの雑誌「ランセット」が最新号で、ボウソナロ大統領を「ブラジルのコロナウイルス対策の最大の脅威」と呼んで酷評した。同誌は約200年の歴史を誇り、保健関係では世界的な権威だ。大統領は過去に米国やイタリアの新聞でも酷評されている。そんな最中、大統領は今週末、約30人の来客を招いてシュラスコやサッカーをする予定だという。ここ連日、感染者が1日に約1万人のペースで増え、来週にはドイツやフランスの感染者数を抜くと予想される上、死者総数も週末に1万人を超えるのが確実だ。世界の目がよりブラジルや自分に向きやすくなるが、大統領はそのことを自覚しているのだろうか。
     ◎
 リカルド・サレス環境相が、所属政党ノーヴォから除名処分を受けていたことが明らかになった。同相は昨年8月に法定アマゾンの森林火災が増加した際も対応の甘さを批判され、最近も、ガリンペイロの不正行為の捜査を行おうとした国立再生可能天然資源・環境院(IBAMA)の責任者を解雇したりして問題視されていた。今回の除名の理由は「党に無断で大臣職就任を了承したこと」。新興保守政党として注目の同党も大統領との折り合いは微妙か。
     ◎
 ここ最近、週末になるとボウソナロ大統領と支持者の行動が物議を醸す事態が続いている。サンパウロ市では、コロナの感染拡大を抑制するための隔離政策反対を訴える車両デモ(カレアッタ)が繰り返されている。来週からはロディジオの厳格化などが始まる予定なので、車両デモも制限を受けることが必至だが、その前の最後の週末。今回は何が起きるのか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年5月24日 東西南北  英国北部マンチェスターで、現地時間22日夜、アメリカ人女性歌手アリアナ・グランデのコンサート終了時に自爆テロが発生し、22人が死亡した。アリアナ・グランデは事件直後に今後の欧州公演ツアー延期を発表したが、6月29日のリオ公演と7月1日のサンパウロ市公演は延期の予定はないと、主 […]
  • 東西南北2017年5月23日 東西南北  20日夜から21日夜までかけて行われた、今年のサンパウロ市ヴィラーダ・クルツラルは、雨にも祟られ、閑散とした出足で終わった。ジョアン・ドリア新市長は、主要ステージをこれまでのセントロ集中から、北部のアニェンビー、東部のカルモ公園、南部のインテルラゴスなどに拡散させたが、どこの […]
  • 東西南北2017年5月20日 東西南北  来年のロシアW杯出場を決めているサッカーブラジル代表は、6月9日と13日に豪州メルボルンの地で、アルゼンチン、豪州と親善試合を行う。その代表メンバーが19日発表された。「欧州でプレーする何人かの選手には休暇が必要」との理由で、ネイマールは外された。今年2月に負傷したガブリエル […]
  • 東西南北2017年5月19日 東西南北  17日のジョエズレイ・バチスタ氏の録音付きの報奨付供述発覚の影響はとどまるところを知らず、翌18日には早速、閣僚離脱が起きた。ブルーノ・アラウージョ(民主社会党・PSDB)都市相だ。同氏は辞任の理由を、党内の声を聞いた結果としている。14年大統領選で斬りあいのような激しい選挙 […]
  • 東西南北2020年6月4日 東西南北  サンパウロ州では1日から、新型コロナウイルスの感染拡大抑制のための外出規制基準が変わった。規制緩和「第2段階」のサンパウロ市では制限付での商店再開が可能だが、検疫基準を作って提出し、市の許可を待たねばならない。だが、セントロのブラスや東部サンマテウスなどでは、許可が待てずに営 […]