ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 15日に逮捕されたネオナチ集団「300・ド・ブラジル」のリーダー、サラ・ウインター容疑者が17日、連邦警察からブラジリアの女性刑務所に移された。刑務所内では、隔離された場所に収容されるという。同容疑者の弁護士の1人は、「彼女の理屈を弁護するのは不可能」と担当を降りている。同日は、サラ容疑者の夫と仲間2人が、ブラジリアの刑務所の前で花火を発射して逮捕されるという事件も起きた。「300」は13日にも最高裁に向かって花火を発射している。一躍、伯国一のお騒がせ犯罪者となっているサラ容疑者だが、このままでは悪印象は深まるばかりか。
     ◎
 昨日付本欄で報じた、サンパウロ市在住だが近郊ジアデマ市で遺体で発見されたギリェルメ・シウヴァ・ゲデス君(15)の殺害に関係していたとして、軍警軍曹のアドリアーノ・フェルナンデス・デ・カンポス容疑者(41)が17日に逮捕された。共犯者と目されるパウロという軍警兵士も現在、捜査中だ。調べによると、カンポス容疑者は、ギリェルメ君の自宅そばの倉庫を警備する会社の経営者でもあり、そこを襲った犯人とギリェルメ君を誤認した疑いが持たれている。
     ◎
 17日、サンパウロ市南部ジャルジン・サンタマルガリダで、5パックの偽札を所持していた男を見つけた警官が、彼を案内役にして工場を発見。現場にいた別の男も逮捕された。警官は、工場にあった偽札や印刷機、紙、インクなども押収した。コロナ禍の中、多くの人が生活費の困って、政府の援助などのお金を望んでいるが、ニセ札では混乱が深まるばかりでは。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • 《ブラジル》外国人投資家の撤退急増=引き揚げ額は昨年の倍に=景気回復の動きはあるが2020年10月3日 《ブラジル》外国人投資家の撤退急増=引き揚げ額は昨年の倍に=景気回復の動きはあるが  ボルソナロ大統領が当選し、ゲデス氏を経済相に据える事を明らかにした時、外国人投資家を含むマーケットは好感を示した。だが、コロナ禍の影響や財政危機の可能性の高まり、政界の混乱などで、株式市場から撤退する外国人投資家が続出しており、1~9月の引き揚げ額は既に、昨年1年間の […]
  • 《記者コラム》樹海=セントロン復活と追い詰められたゲデス経済相2020年8月18日 《記者コラム》樹海=セントロン復活と追い詰められたゲデス経済相  ボルソナロ大統領のイデオロギー路線は完全に行き詰まった。その象徴が、極右思想のアブラアン・ウェイントラウビ氏が6月に教育相を解任されたと同時に“米国逃亡”を図ったことだ。  イデオロギー路線は「ボルソナロ氏に不利な判断ばかり下すような最高裁は閉鎖しろ!」「古い政治手 […]
  • Ibovespa=4カ月ぶり最高値を記録=10万P、コロナ前に戻す2020年7月11日 Ibovespa=4カ月ぶり最高値を記録=10万P、コロナ前に戻す  9日、サンパウロ証券取引指数(Ibovespa)が4カ月ぶりの高値をつけそうになったが、息切れして10万ポイントを超すことが出来なかった。ただし、10日には10万0031・83ポイントとなった。 […]
  • 東西南北2020年6月18日 東西南北  新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛で、映画館や劇場、サッカースタジアムなどが開かないため、娯楽が減って生活が退屈になりがち。その対策として、野外で映画鑑賞を行う「ドライブイン・シアター」が人気を集めている。サンパウロ市西部バラ・フンダのラテンアメリカ記念館が17日に始 […]