fbpx
ホーム | 文芸 | 連載小説 | 中島宏著『クリスト・レイ』 | 中島宏著『クリスト・レイ』第3話

中島宏著『クリスト・レイ』第3話

 限られた世界で、限られた生き方しかしてこなかった人々にとって、この茫漠とした、掴みどころのない大地で新しい生活を築き上げていくことは、彼らのそれまで持っていた価値観や固定観念を、一度かなぐり捨てるようにして放棄することを意味した。そして、それを受け入れることは至難の技だったといっていい。
 それが出来るということは、精神的にかなり強靭であるということなのだが、大半の人々は、そこまでの強さは持ち合わせていない。永住という、長いスパンで移民というものを考えている人々は、それほどでもなかったが、いわゆる一攫千金の面でしか移民というものを捉えていない人間にとって、このとてつもない広さを持つ新世界に吹く風は、あまりにも強烈すぎて、それに耐えるだけの力は持ち合わせていなかった。文字通り、それらの人々は、その軽さゆえに強風に吹き飛ばされてしまうことになった。
 一口に移民と言っても、そこには様々な人々が存在し、様々な人生模様が展開されていく。どれ一つ同じものはなく、また誰一人、同じ軌跡を辿る者もない。
 それでも、全体としては、大体、似たような傾向を持つ流れが、それぞれに作られていく。そこに現れるのは、ある種、運命的なものともいえそうである。
 この物語にも、いわゆる運命的なものが存在する。
 存在するという断言的な表現が、いささかオーバーなことは承知だが、偶然の邂逅から始まっていく展開は、個人の意志を超えたレベルでの、何かが介在していたとしか思えない雰囲気を持つものでもあった。

 さて、この物語の主人公は、以上に述べたような、外国からやって来た移民たちの一人ではない。名前を、マルコス・ラザリーニといい、生粋のブラジル人である。
 ただ、厳密に言えば彼は移民の末裔であり、その意味では、移民との繋がりが存続しているはといえるかもしれない。が、彼の意識の中にあるものは、あくまでブラジル人としての感覚であり、それ以外の何ものでもない。
 マルコスの祖父は、青年のときにイタリアからブラジルに移民としてやって来て、サンパウロ州の奥地でも北の地方に当たる、リベイロン・プレットという町の近郊にあるコーヒー農場に雇われ、この時代の移民たちと同様、コーヒーの収穫の仕事に従事した。
 以後、独立をすると同時に結婚し、ポーランド系の奥さんの家族と一緒に、サンパウロ州の北西を意味するノロエステ鉄道の沿線にあるバウルーの町に引っ越して来て、その近郊で自営農を始めた。自営農といっても、この時代、この辺りはすべて原生林であったから木を切り倒すという作業から始まる、いわゆる開拓者としての生活であった。
 まだ、十九世紀後半の時代のことである。
 もっとも、彼らと共に多くの外国からの移民の人々がこの地方に入り込んできていたから、孤軍奮闘ということではなく、同じような環境での生活を一緒にする、いわゆる移民たちのコミュニティのような形が、そこには作られていった。ここで何とか土地を増やしつつ、コーヒーの他に、とうもろこしや綿の栽培を広げていった。
 マルコスの父はここで生まれ育ったわけだが、祖父の後を受け継いた後、順調に農場の成績を伸ばしていき、この地方としては、中堅の規模の農場までに成長させた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■ 安永忠邦さん2020年10月24日 ■訃報■ 安永忠邦さん  “移民の父”上塚周平を知る最期の生き証人、安永忠邦さん(二世)が23日12時に聖州プロミッソン市の自宅で老衰のために亡くなった。「上塚植民地」と言われた当時に、プロミッソンの自宅農園で生まれ育ち、そこで99歳の生涯を全うした。  戦時中に枢軸国移民が「敵性国民」と弾圧される […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第56話2020年10月14日 中島宏著『クリスト・レイ』第56話  二人の場合、ほぼバイリンガルになりつつあったが、そのことが後になって大きな意味を持つことになるとは、無論この時点では二人ともまだ知る由もない。この時期は、二人は日本語だけで話しているが、これはマルコスにとって一方的に有利といえた。彼の日本語は上達していくが、アヤのポルトガル語 […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(14)2020年9月29日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(14)  日本国内からの移民送出圧力が高まる中、米国への流れを途絶されたわけだ。困った日本政府は1924(大正13)年からブラジル渡航の移民全員に船賃支給をするなどの国策を開始したため、この流れは本格的にブラジルに向くようになった。  日本のラジオ放送は1925年3月に約50 […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(4)2020年9月12日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(4)  笠戸丸移民の多くが幼年期から思春期という人格形成期をすごした明治20年代(1887年~1897年)以降は、日本という国家自体もまた形成期でもあった。欧米列強に侵略されないように富国強兵を旗印にし、ドイツなどを模範にして矢継ぎ早に社会構造を根本から変えていった。  サ […]
  • 宮城埼玉東京=屋台祭り8日までに予約を=カツサンド、クレープなど10品2020年9月5日 宮城埼玉東京=屋台祭り8日までに予約を=カツサンド、クレープなど10品  宮城県人会(上利エジガー会長)、埼玉県人会(吉田章則会長)、東京都友会(鈴木ワグネル会長)の3県人会は12日に「宮城埼玉東京屋台祭り」を開催する。会場はサンパウロ市リベルダーデ区にある宮城県人会(Rua […]