ホーム | 文芸 | 連載小説 | 中島宏著『クリスト・レイ』 | 中島宏著『クリスト・レイ』第3話

中島宏著『クリスト・レイ』第3話

 限られた世界で、限られた生き方しかしてこなかった人々にとって、この茫漠とした、掴みどころのない大地で新しい生活を築き上げていくことは、彼らのそれまで持っていた価値観や固定観念を、一度かなぐり捨てるようにして放棄することを意味した。そして、それを受け入れることは至難の技だったといっていい。
 それが出来るということは、精神的にかなり強靭であるということなのだが、大半の人々は、そこまでの強さは持ち合わせていない。永住という、長いスパンで移民というものを考えている人々は、それほどでもなかったが、いわゆる一攫千金の面でしか移民というものを捉えていない人間にとって、このとてつもない広さを持つ新世界に吹く風は、あまりにも強烈すぎて、それに耐えるだけの力は持ち合わせていなかった。文字通り、それらの人々は、その軽さゆえに強風に吹き飛ばされてしまうことになった。
 一口に移民と言っても、そこには様々な人々が存在し、様々な人生模様が展開されていく。どれ一つ同じものはなく、また誰一人、同じ軌跡を辿る者もない。
 それでも、全体としては、大体、似たような傾向を持つ流れが、それぞれに作られていく。そこに現れるのは、ある種、運命的なものともいえそうである。
 この物語にも、いわゆる運命的なものが存在する。
 存在するという断言的な表現が、いささかオーバーなことは承知だが、偶然の邂逅から始まっていく展開は、個人の意志を超えたレベルでの、何かが介在していたとしか思えない雰囲気を持つものでもあった。

 さて、この物語の主人公は、以上に述べたような、外国からやって来た移民たちの一人ではない。名前を、マルコス・ラザリーニといい、生粋のブラジル人である。
 ただ、厳密に言えば彼は移民の末裔であり、その意味では、移民との繋がりが存続しているはといえるかもしれない。が、彼の意識の中にあるものは、あくまでブラジル人としての感覚であり、それ以外の何ものでもない。
 マルコスの祖父は、青年のときにイタリアからブラジルに移民としてやって来て、サンパウロ州の奥地でも北の地方に当たる、リベイロン・プレットという町の近郊にあるコーヒー農場に雇われ、この時代の移民たちと同様、コーヒーの収穫の仕事に従事した。
 以後、独立をすると同時に結婚し、ポーランド系の奥さんの家族と一緒に、サンパウロ州の北西を意味するノロエステ鉄道の沿線にあるバウルーの町に引っ越して来て、その近郊で自営農を始めた。自営農といっても、この時代、この辺りはすべて原生林であったから木を切り倒すという作業から始まる、いわゆる開拓者としての生活であった。
 まだ、十九世紀後半の時代のことである。
 もっとも、彼らと共に多くの外国からの移民の人々がこの地方に入り込んできていたから、孤軍奮闘ということではなく、同じような環境での生活を一緒にする、いわゆる移民たちのコミュニティのような形が、そこには作られていった。ここで何とか土地を増やしつつ、コーヒーの他に、とうもろこしや綿の栽培を広げていった。
 マルコスの父はここで生まれ育ったわけだが、祖父の後を受け継いた後、順調に農場の成績を伸ばしていき、この地方としては、中堅の規模の農場までに成長させた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第8話2020年7月4日 中島宏著『クリスト・レイ』第8話  あるいはこれは、ブラジルに移民したことによって、人々は宗教までも変えて改宗したということなのだろうか。  が、しかし、そのようなことは常識からいっても考えにくい。確かに、自分たちの人生を大きく変えてしまうほどのインパクトを、移民というものは持っている。が、それだからといって […]
  • 連載小説=臣民=――正輝、バンザイ――=保久原淳次ジョージ・原作=中田みちよ・古川恵子共訳=(73)2019年3月29日 連載小説=臣民=――正輝、バンザイ――=保久原淳次ジョージ・原作=中田みちよ・古川恵子共訳=(73)  房子は体の小さい女だった。だからひ弱にみえた。はじめは流産しないように細心の注意をはらった。仕事のリズムもいくらか遅くなった。ブラジルに着いてからはじめて正輝は真剣に農作業に励んだ。作物に関する正確な時期をみきわめ、すべての作業に注意を払った。それから、いままで見せたことのな […]
  • 東西南北2020年6月24日 東西南北  18日に逮捕されたファブリシオ・ケイロス容疑者の妻で逃走中のマルシア容疑者を巡る捜査が、23日午前、彼女の親戚が住んでいるミナス・ジェライス州ベロ・オリゾンテなどを中心に行われた。彼女も夫同様、フラヴィオ・ボウソナロ上議のリオ州議時代の幽霊職員で、「ラシャジーニャ」疑惑に関与 […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(54)2019年2月22日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(54)  こうして、彼らは別の道を歩むことになった。  正輝は父親と同年輩の移民のやさしい家族に迎えられた。名前を稲嶺盛一といい、妻は沖縄でよく使われるウマニーという愛称でよばれていた。彼女は正輝を自分の息子のようにあつかった。稲嶺盛一は新城村出身でも、具志頭郡出 身でもなかった。 […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(51)2019年2月19日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(51)  樽、ウシ、正輝が沖縄をあとにしてから、忠道は生きる意欲をすっかり失ったとのことだった。借金の返済もできず、競馬にうつつをぬかしたことで家が破綻し、結婚したばかりの弟、その妻、そして自分の次男を遠いブラジルにやり、家族を離散させた自責の念にさいなまされていた。新城に残った長男の […]