ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 27日、大サンパウロ都市圏サンベルナルド・ド・カンポで、ジェットスキーをしていた24歳の男性、アンドレ・フェリペ・イグレシアス・ゴンサウヴェスさんが、後ろからきた別のジェットスキーに轢かれて死亡する事故が起きた。この件で警察は、加害者となった26歳女性を業務過失上致死容疑で起訴する予定。この女性はジェットスキー免許を持っていなかった。この日も友人のを借りて楽しんでいたが、猛スピードになったのを静止できず、前を行く2人を轢き、アンドレさんを死亡させてしまった。コロナ外出自粛規制の緩和でこうした活動も許されてきたわけだが、それに水を差すような悲劇だ。
     ◎
 22日、大サンパウロ都市圏イタペヴィで、路上生活者のヴァギネル・アパレシード・ゴウヴェイア・デ・オリヴェイラさん(37)とジョゼ・ルイス・デ・アラウージョ・コンセイソンさん(61)の2人が、前日夜にほどこされた食事が原因で亡くなった。食事を与えたのは福音派教会の51歳の女性。彼女本人と家族も同じものを食べたが気分が悪くなることはなかったと証言したが、警察は毒混入などの可能性もあるとみて捜査を行っている。
     ◎
 30日のサッカーのサンパウロ州選手権準々決勝は、サントスがポンテ・プレッタ、コリンチャンスがブラガンチーノと対戦する。ポンテ・プレッタは全国選手権で現在2部だが1部の常連チームで、ブラガンチーノは欧州大企業レッドブルのバックアップで台頭し、全国選手権1部に昇格してきたチーム。サントス、コリンチャンスには厳しい相手だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]
  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • 東西南北2021年2月19日 東西南北  一般高齢者に対するコロナワクチン接種は大サンパウロ市圏でも行われているが、同じ圏内であっても市によって対応が異なっている。大部分はサンパウロ市と同じく、現在は「85〜89歳」が接種対象となっているが、ジアデマではすでに「80〜84歳」が対象になっているという。逆に、グアルーリ […]
  • 東西南北2021年2月17日 東西南北  15日、サンパウロ州での対面授業再開プロジェクトでは一番最後となる、サンパウロ市立校の授業が再開した。だが、この日の授業再開は順調とは言えず、約3500校のうち580校は、清掃や消毒のための人員不足や改修工事の遅れなどにより再開を見送った(リモート授業は開始)。しかも昨年12 […]