ホーム | ブラジル国内ニュース | サッカーサンパウロ州選手権=パルメイラス12年ぶり優勝=PKでコリンチャンス下す

サッカーサンパウロ州選手権=パルメイラス12年ぶり優勝=PKでコリンチャンス下す

サンパウロ州選手権で優勝したパルメイラス(Alexandre Battibugli/FPF)

 8日、サッカーのサンパウロ州選手権の決勝が行われ、パルメイラスがPK戦の末にコリンチャンスを下し、8年ぶりの優勝を飾った。9日付現地紙が報じている。
 5日にコリンチャンスの本拠地イタケロン・スタジアムで行われた第1戦は0―0で引き分け。2戦目は舞台をパルメイラスの本拠地アリアンツ・パルケに移して行われた。
 この試合も前半は両チーム共に決め手を欠き、スコアは0―0のまま。勝負は1点を争う緊迫した展開となった。
 試合が動いたのは後半3分。ヴィーニャが相手ゴール前にあげたクロスに、センター・フォワードのルイス・アドリアーノが頭で合わせ、パルメイラスが均衡を破った。
 試合はそのまま進み、後半の延長時間も5分を過ぎようとし、パルメイラス応援団から「優勝だ!」の声があがりはじめた。そのとき、パルメイラスのディフェンダー、ゴメスがコリンチャンスのエース、ジョーを自軍ペナルティ・エリアで倒してペナルティ・キックを献上。これをジョーが逃さずに決めて試合終了、PK戦に持ち込んだ。

 試合はパルメイラスのウェーヴェルトン、コリンチャンスのカシオという、セレソン・クラスの国内屈指のキーパー同士の争いに。共に1人目のキッカーのシュートを止める好守で早々に見せ場を作った。
 試合が動いたのはウェーヴェルトンがコリンチャンス3人目のキッカー、カンティーロのキックを、この日2本目の好守で防ぎ、パルメイラスが有利となった。そしてパルメイラス5人目のキッカー、パトリキ・ダ・パウラが落ち着いて決め、パルメイラスが2008年以来12年ぶり、23回目の優勝を飾った。
 また翌9日には全国選手権が開幕した。コリンチャンス、パルメイラスはこの日に試合予定がなかったが、ゴイアス州でのゴイアス対サンパウロ戦は選手からコロナ陽性が大量に検出されたため、急きょ中止。サントスは本拠地でのブラガンチーノ戦を1―1で引き分け。また、昨年の覇者フラメンゴが本拠地での試合でアトレチコ・ミネイロに0―1で敗れた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 東西南北2020年11月4日 東西南北  10月31日からの3連休中は雨模様だったサンパウロ州。月末に降った雨でカンタレイラ、グアラピランガの両水系の10月の降水量はなんとか70ミリ台まで上がったが、「前半のあの猛暑がなければもう少しは」といったところか。ただ、この3連休は冷え込んだおかげで、海岸部が海水浴客で溢れる […]
  • 東西南北2020年10月31日 東西南北  サンパウロ市地下鉄モノレール15号線の拡張工事が先週から再開された。この線は、モノレール車両をかなり高いところで支える線路と支柱の大きさでかなり目立っていたものの、なかなか工事が進まないため、巨像のような扱いを市民からはされていた。コロナ禍もやや落ち着きはじめたことで、工事が […]
  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • 東西南北2020年10月10日 東西南北  今度の月曜日の12日は、ブラジルの守護神「ノッサ・セニョーラ・ダ・アパレシーダ」の祝日となる。毎年、サンパウロ州アパレシーダの聖堂は女神像を拝みに行く人で溢れかえる。だが今年は、コロナ禍があるので行くのを控える人も少なくなさそう。だが、カトリック信者にとっては大事な日であり、 […]