ホーム | ブラジル国内ニュース | サッカーサンパウロ州選手権=パルメイラス12年ぶり優勝=PKでコリンチャンス下す

サッカーサンパウロ州選手権=パルメイラス12年ぶり優勝=PKでコリンチャンス下す

サンパウロ州選手権で優勝したパルメイラス(Alexandre Battibugli/FPF)

 8日、サッカーのサンパウロ州選手権の決勝が行われ、パルメイラスがPK戦の末にコリンチャンスを下し、8年ぶりの優勝を飾った。9日付現地紙が報じている。
 5日にコリンチャンスの本拠地イタケロン・スタジアムで行われた第1戦は0―0で引き分け。2戦目は舞台をパルメイラスの本拠地アリアンツ・パルケに移して行われた。
 この試合も前半は両チーム共に決め手を欠き、スコアは0―0のまま。勝負は1点を争う緊迫した展開となった。
 試合が動いたのは後半3分。ヴィーニャが相手ゴール前にあげたクロスに、センター・フォワードのルイス・アドリアーノが頭で合わせ、パルメイラスが均衡を破った。
 試合はそのまま進み、後半の延長時間も5分を過ぎようとし、パルメイラス応援団から「優勝だ!」の声があがりはじめた。そのとき、パルメイラスのディフェンダー、ゴメスがコリンチャンスのエース、ジョーを自軍ペナルティ・エリアで倒してペナルティ・キックを献上。これをジョーが逃さずに決めて試合終了、PK戦に持ち込んだ。

 試合はパルメイラスのウェーヴェルトン、コリンチャンスのカシオという、セレソン・クラスの国内屈指のキーパー同士の争いに。共に1人目のキッカーのシュートを止める好守で早々に見せ場を作った。
 試合が動いたのはウェーヴェルトンがコリンチャンス3人目のキッカー、カンティーロのキックを、この日2本目の好守で防ぎ、パルメイラスが有利となった。そしてパルメイラス5人目のキッカー、パトリキ・ダ・パウラが落ち着いて決め、パルメイラスが2008年以来12年ぶり、23回目の優勝を飾った。
 また翌9日には全国選手権が開幕した。コリンチャンス、パルメイラスはこの日に試合予定がなかったが、ゴイアス州でのゴイアス対サンパウロ戦は選手からコロナ陽性が大量に検出されたため、急きょ中止。サントスは本拠地でのブラガンチーノ戦を1―1で引き分け。また、昨年の覇者フラメンゴが本拠地での試合でアトレチコ・ミネイロに0―1で敗れた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]
  • 《ブラジル》パルメイラス ブラジル杯で4度目の優勝=2020年度は三冠に輝く2021年3月9日 《ブラジル》パルメイラス ブラジル杯で4度目の優勝=2020年度は三冠に輝く  7日、サッカーのブラジル杯の決勝戦第2試合が行われ、パルメイラスが第1戦に続いてグレミオに勝利し、優勝を飾った。8日付現地紙が報じている。コロナ禍で変則的に開催された2020年度だったが、パルメイラスはサンパウロ州選手権、ブラジル杯、リベルタドーレス杯の三冠にみごと輝 […]
  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル2021年2月27日 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル  25日、サッカーの全国選手権の最終節が行われ、フラメンゴが2年連続7回目の優勝を飾った。26日付現地紙が報じている。  この日は同選手権最終節のため、例年通り、全10試合が同時刻に一斉スタート。21時30分にキックオフした。  優勝がかかっていた首位フラメンゴはこ […]