ホーム | ブラジル国内ニュース | サッカーサンパウロ州選手権=パルメイラス12年ぶり優勝=PKでコリンチャンス下す

サッカーサンパウロ州選手権=パルメイラス12年ぶり優勝=PKでコリンチャンス下す

サンパウロ州選手権で優勝したパルメイラス(Alexandre Battibugli/FPF)

 8日、サッカーのサンパウロ州選手権の決勝が行われ、パルメイラスがPK戦の末にコリンチャンスを下し、8年ぶりの優勝を飾った。9日付現地紙が報じている。
 5日にコリンチャンスの本拠地イタケロン・スタジアムで行われた第1戦は0―0で引き分け。2戦目は舞台をパルメイラスの本拠地アリアンツ・パルケに移して行われた。
 この試合も前半は両チーム共に決め手を欠き、スコアは0―0のまま。勝負は1点を争う緊迫した展開となった。
 試合が動いたのは後半3分。ヴィーニャが相手ゴール前にあげたクロスに、センター・フォワードのルイス・アドリアーノが頭で合わせ、パルメイラスが均衡を破った。
 試合はそのまま進み、後半の延長時間も5分を過ぎようとし、パルメイラス応援団から「優勝だ!」の声があがりはじめた。そのとき、パルメイラスのディフェンダー、ゴメスがコリンチャンスのエース、ジョーを自軍ペナルティ・エリアで倒してペナルティ・キックを献上。これをジョーが逃さずに決めて試合終了、PK戦に持ち込んだ。

 試合はパルメイラスのウェーヴェルトン、コリンチャンスのカシオという、セレソン・クラスの国内屈指のキーパー同士の争いに。共に1人目のキッカーのシュートを止める好守で早々に見せ場を作った。
 試合が動いたのはウェーヴェルトンがコリンチャンス3人目のキッカー、カンティーロのキックを、この日2本目の好守で防ぎ、パルメイラスが有利となった。そしてパルメイラス5人目のキッカー、パトリキ・ダ・パウラが落ち着いて決め、パルメイラスが2008年以来12年ぶり、23回目の優勝を飾った。
 また翌9日には全国選手権が開幕した。コリンチャンス、パルメイラスはこの日に試合予定がなかったが、ゴイアス州でのゴイアス対サンパウロ戦は選手からコロナ陽性が大量に検出されたため、急きょ中止。サントスは本拠地でのブラガンチーノ戦を1―1で引き分け。また、昨年の覇者フラメンゴが本拠地での試合でアトレチコ・ミネイロに0―1で敗れた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月12日 東西南北  10日、サンパウロ市は今年に入って2番めに高い33・4度を記録した。今年の最高気温は1月27日に記録した33・7度だ。普通、年間の最高気温は夏季の1月もしくは2月に記録されるが、以前から9月もしくは10月に気温が急に高くなることは決して少なくなく、今年も4日に32・5度を記録 […]
  • 東西南北2020年9月9日 東西南北  5日から続いた3連休。予想されていたとはいえ、3日とも天候が良かったところが多かったことで、海岸は全国的に大勢の人でにぎわった。それだけでなく、バーやレストラン、公園でも、人が多く見られた。サンパウロ市などでは5月に、祝日前倒しの「フェリアドン」を導入し、「休みを生かして外に […]
  • 東西南北2020年9月1日 東西南北  「雪が降るのでは」とまで言われ、今年一番の冷え込みとなった先週末から一転、今度は最高気温が30度前後の真夏並の気温となったサンパウロ州。急に来たこの暑さに耐えられなくなったのか、8月30日は、サントスの海岸に海水浴をする人たちが殺到した。これと同じ現象は、お隣のリオ州の海岸部 […]
  • 東西南北2020年8月29日 東西南北  大サンパウロ市圏サンベルナルド・ド・カンポの遊園地「シダーデ・ダ・クリアンサ」が26日、閉園を発表した。1969年設立の同遊園地は、ブラジル内でも最古参の遊園地として有名で、州外からも観光客を集めていた。思い出のある人も少なくないだろうが、経営難に加え、コロナがダメ押しをして […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボウソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボウ […]