ホーム | ブラジル国内ニュース | ≪ブラジル≫サッカー選手52人コロナ陽性、3試合中止=セリエA・B・C合計で

≪ブラジル≫サッカー選手52人コロナ陽性、3試合中止=セリエA・B・C合計で

コロナ感染検査を行うグレミオの選手(FOTO: LUCAS UEBEL/GREMIO FBPA)

 8日から始まったサッカーブラジル選手権で、すでにセリエA・B・Cの選手計52人が新型コロナウイルス検査で「陽性」と診断され、3試合が中止になっている。12日付けエスタード紙が報じている。
 選手の検査にはRT―PCR検査が用いられているが、ブラジル感染症学会(SBI)のレナト・グリンバウム氏によると、この検査はウイルスのRNA粒子を検出することで陽性反応を示す。
 治癒後にもウイルスの残骸に反応し現在感染していなくても「陽性」と診断される場合があり、検査方法に疑問の声があがっている。
 直近では11日にコリンチャンスの選手2人がRT―PCR検査で「陽性」と診断された。チーム側も「治癒後も陽性反応を示す場合がある」と苦言を呈したものの、隔離措置に従い、翌日のアトレティコGO戦も欠場を余儀なくされていた。

 一方アトレティコGOでは、フラメンゴ戦前に4選手が陽性と診断されたが、以前感染しており完治して感染リスクがない事をブラジルサッカー連盟(CBF)へ直訴し出場を許可された。
 グリンバウム氏は「RT―PCR検査で陽性となった無症状の人も14日間の隔離を推奨している」と述べ、感染していない事を証明するために再検査を行うことや日常的に検査を繰り返すことを「推奨しない」と説明した。
 各リーグチームでの選手感染状況は以下の通り【セリエA】ゴイアス10人、アトレティコGO4人、ボタフォゴ2人、コリンチャンス2人【セリエB】CSA18人【セリエC】エンプレスMA12人、ヴィラ・ノヴァ2人、ブルスク1人、サンベント1人

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サッカーサンパウロ州選手権=パルメイラス12年ぶり優勝=PKでコリンチャンス下す2020年8月11日 サッカーサンパウロ州選手権=パルメイラス12年ぶり優勝=PKでコリンチャンス下す  8日、サッカーのサンパウロ州選手権の決勝が行われ、パルメイラスがPK戦の末にコリンチャンスを下し、8年ぶりの優勝を飾った。9日付現地紙が報じている。  5日にコリンチャンスの本拠地イタケロン・スタジアムで行われた第1戦は0―0で引き分け。2戦目は舞台をパルメイラスの […]
  • コロナウイルス=検査中のブラジル人12人に増加=サンパウロ州が最多で検査中7人=救出訴える女子サッカー選手も2020年2月1日 コロナウイルス=検査中のブラジル人12人に増加=サンパウロ州が最多で検査中7人=救出訴える女子サッカー選手も  【既報関連】中国で流行が始まり、現在、世界中で脅威となっているコロナウイルス。1月30日にはジュネーブで開催された世界保健機関(WHO)の緊急会合で、「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」が宣言された。  ブラジルでは発症者こそ確認されていないものの、ブラジル保健 […]
  • 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超2021年1月19日 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超  17日、大学入試や奨学生承認にも使われ、国内で最も重要な試験のひとつである、国家高等教育試験(ENEM)が行われた。当初の実施予定日から2カ月遅れで実施されたものの、コロナ禍の影響で試験そのものが差し止められたり、試験会場で入場を断られたりした人や、参加をとりやめる受 […]
  • 「新しい日常」適応に苦心の年=外務省研修生OB会の忘年会=オンラインでの存在感強める2020年12月17日 「新しい日常」適応に苦心の年=外務省研修生OB会の忘年会=オンラインでの存在感強める  日本国外務省研修生OB会(上原テリオ会長)が多難だった2020年の忘年会を4日晩、オンラインで開催した。上原ケンゾウ・パウロさんのコーディネートにより、約60人が集まった。当日は楠彰在サンパウロ首席領事、マナウス総領事館に転任になった中村玲子領事の挨拶もあり、日本滞在 […]
  • 東西南北2020年12月15日 東西南北  ダッタフォーリャの最新世論調査によると、ボルソナロ政権は8月末の時点と変わらず、37%の支持率となっていることがわかった。その割に全国市長選で惨敗したのが不思議だが、選挙時に行われた州都での調査でも報じられていたように、場所によって支持率はバラバラ(サンパウロ市は20%台前半 […]