ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 新型コロナウイルスの感染爆発の最中に評判が上がった企業のひとつに、家具や電子電気機器の小売業者マガジネ・ルイーザがある。これまでも、「外出自粛期間中の従業員解雇なし」「ネット販売の送料無料」「コロナ対策への巨額寄付」などが話題となっていたが、同社は現在、「黒人のみを対象とした研修プログラム」を開いて話題を呼んでいる。これには「逆差別にあたるのではないか」との声もあがっているが、「一般社会の雇用そのものに格差があるのだから、それを是正しようとすることは間違いではない」とする司法関係者も少なくなく、ネット上などでも賛辞の声は多い。少なくとも、消費者の気持ちを読んで、機を見たマーケティングを打つのが上手なことはまちがいない。
     ◎
 22日付現地紙によると、サンパウロ市極東部では、コロナウイルスに対する抗体を持っている人が19・6%おり、5人に1人が感染している地区がある。サンパウロ市役所が17日に発表した調査結果によると、一軒の家に5人以上住んでいる家庭での感染率は19・8%と高い。市西部などに住むA、Bクラスの感染率は3・1%と低いのに、D、Eクラスでは18・7%と高いなど、感染率にも格差がある。極東部や極北部は貧困層が多い地域だ。抗体保有者の割合が高いと、「抗体ができているから安全なのでは」という人もいるが、この格差を見ると、一概には良いとは言えそうにない。
     ◎
 13日の対マルセイユ戦で退場になった際、「相手選手に人種差別的発言をされた」と抗議したPSGのネイマール。だが、今になって、その試合で彼自身が「中国人のクソ野郎」と叫んで、相手チームの選手を侮蔑していた疑惑が浮上している。言われた相手は、日本代表選手でもある酒井宏樹とか。日本人としては複雑だが、真相はいかに。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月30日 東西南北  今日30日午後5時から、リオ市マラカナンでサッカーのリベルタドーレス杯の決勝戦、パルメイラス対サントス戦が行われる。この2チームはオールド・ファンにはおなじみの老舗中の老舗チームだ。1960年代のサントスにはペレが在籍し、黄金時代を築いたが、その時代はパルメイラスの黄金期でも […]
  • 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超2021年1月19日 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超  17日、大学入試や奨学生承認にも使われ、国内で最も重要な試験のひとつである、国家高等教育試験(ENEM)が行われた。当初の実施予定日から2カ月遅れで実施されたものの、コロナ禍の影響で試験そのものが差し止められたり、試験会場で入場を断られたりした人や、参加をとりやめる受 […]
  • 東西南北2020年11月19日 東西南北  ブラジルでスポーツといえば、ほとんどサッカーで埋まるのが常。だが18日付現地紙は、ブラジルが生んだ伝説のボクサー、エデル・ジョフレが1960年11月18日に世界バンタム級チャンピオンに輝いたことと、それから60年が経過したことを大きな記事で伝えた。ジョフレといえば日本でもおな […]
  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]