ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ダッタフォーリャの最新世論調査によると、ボルソナロ政権は8月末の時点と変わらず、37%の支持率となっていることがわかった。その割に全国市長選で惨敗したのが不思議だが、選挙時に行われた州都での調査でも報じられていたように、場所によって支持率はバラバラ(サンパウロ市は20%台前半)だから、その平均をとればこういう数字ということか。また、国民の52%が「コロナウイルスによる死者はボルソナロ大統領のせいで発生したものではない」と考えていることもわかった。今のところ、コロナ対策に対して国民は大統領に寛大ということか。その内にワクチンに関する政策を国民が納得する形で行うことを願いたいところだ。
     ◎
 先週から雨が頻繁に降っていたサンパウロ州。週末もにわか雨が降る瞬間が多く、カンタレイラ水系の12月の累積降水量は、14日朝現在で107ミリと、100ミリ台に乗り、水位も32・9%まで回復してきている。予報だと、今週はとりわけ天気が不安定で、毎日のように15〜25ミリの降水が予想されている。貯水率を考えると嬉しい話だが、これでは冠水や倒木の被害の方が心配だ。被害がなるべく最小限にとどまることを願いたい。
     ◎
 週末のサッカーの全国選手権。首位サンパウロは敵地でのコリンチャンス戦に0―1で敗戦。2位アトレチコ・ミネイロがアトレチコ・パラナエンセに勝利したので、勝ち点差は7から4に縮まった。16日は本拠地モルンビでそのミネイロと注目の首位攻防戦。サンパウロにとっては、この試合が今シーズン最大の山場になるだろう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • 東西南北2021年6月16日 東西南北  サンパウロ州政府が13日に「16日から50代のコロナワクチン接種開始」と発表したが、接種の最終的な責任者である市の対応は、地域毎に若干異なる。サンパウロ市では14日から50代を対象とした接種をはじめたが、「50代ならどの日でも接種できる」というものではなく、年齢別に日が決めら […]
  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]