ホーム | 日系社会ニュース | 東京=「音楽としてのポ語」公演=加々美淳&三浦マリエ21日

東京=「音楽としてのポ語」公演=加々美淳&三浦マリエ21日

「加々美淳&三浦マリエ~音楽としてのポルトガル語~」広告

「加々美淳&三浦マリエ~音楽としてのポルトガル語~」広告

 オフィスフロレスタが東京都内のライブハウス「ムジカーザ」にて「加々美淳&三浦マリエ~音楽としてのポルトガル語~」を、21日14時~15時30分(日本時間)に開催する。日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長、東京都所在)と駐日ブラジル大使館が後援。
 本イベントは、サンバやブラジル音楽全般に精通した加々美氏が演奏を行う。同時に日系二世でサンパウロ生まれ、ポ語翻訳、通訳業を勤め、同中央協会主催のポ語教室で教師もする三浦氏が、加々美演奏する曲の歌詞の意味や奥深さなどを解説。ブラジル文化を象徴するサンバについての対談も行う。
 当日はマスク・アルコール消毒などコロナ感染防止策を徹底。会場は通常収容可能人数の50%まで減らし、80人定員とする。
 場所は東京都内小田急線東京メトロ千代田線、代々木上原駅徒歩2分のライブハウスムジカーザ。参加費は5千円。参加申し込みは以下ホームページ((応募フォーム=https://www.bflat-mp.com/t/)で。質問などは(メール=huizif157@gmail.com\電話=050―5374―8776)

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サンバ界の巨匠、ネルソン・サルジェント死去=96歳、ワクチン2度接種も2021年5月29日 《ブラジル》サンバ界の巨匠、ネルソン・サルジェント死去=96歳、ワクチン2度接種も  サンバ界の巨匠、作曲家や歌手として知られるネルソン・サルジェントが27日、リオ市でコロナ感染症のため亡くなった。96歳だった。27、28日付現地紙、サイトが報じている。  ネルソンは1924年、リオ市で生まれた。本名はネルソン・マトスだが、4年間、軍に服役したことか […]
  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 《リオ市》カーニバル=宿泊施設の利用率は63%=昨年同期の3分の2に止まる2021年2月20日 《リオ市》カーニバル=宿泊施設の利用率は63%=昨年同期の3分の2に止まる  新型コロナの感染拡大でカーニバルの期間中も公式イベントがキャンセルされた事で、リオ市の宿泊施設の利用率は平均で63%に止まった。  リオ市の宿泊施設手段組合(Hoteis Rio)が18日に発表したもので、昨年同期の93%と比べると3分の2だ。それでも、50%位まで […]
  • 《ブラジル》カーニバル中止で大損害=損失額は81億レアル?2021年2月16日 《ブラジル》カーニバル中止で大損害=損失額は81億レアル?  新型コロナの感染拡大抑制、減速化のため、各地でカーニバルのイベントがキャンセルされている。これにより、全国では最低81億レアルの損失が生じるという。  全国財・サービス・観光商業連合(CNC)が昨年の実績を基に試算したもので、交通費や宿泊費、食費、物品購入費、レクリ […]
  • 《リオ市》カーニバルの街頭行進も禁止に=ブロッコなどによる3密回避に2021年2月6日 《リオ市》カーニバルの街頭行進も禁止に=ブロッコなどによる3密回避に  リオ市役所が5日、例年ならばカーニバル恒例のパレードやブロッコの行進などが行われる2月12~22日のイベントや露店販売、観光客を乗せた乗り物の市内乗り入れなどを禁止すると同日付官報に掲載した。  エスコーラ・デ・サンバや主だったブロッコは既に、2月のカーニバル期間中 […]