ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 2021年は、カーニバルの任意休日がコロナ禍故にキャンセルされ、例年通りのカーニバルが開催されなかった前代未聞の年になった。本来なら「休日をキャンセルしたのなら、完全に平日扱いにすればいい」と考えそうだが、ブラジルは違う。足並みがそろわず、13、14日の土日に加え、15〜17日を休暇にする企業などが存在する。それを利用して、リオなどでは海水浴や、秘密裏にダンス・パーティなどを開催して人の群れを作るケースが多かったことが報じられている。ベロ・オリゾンテでは秘密カーニバルで66人が逮捕されたし、サンパウロ市でもファンクのパーティが摘発された。こういう事態が起きたのでは、感染拡大抑制のためにカーニバル期間の返上を図った政治家の意図は無に帰す。国民の倫理観にまかせるだけでは不十分か。
     ◎
 2月のサンパウロ州での降水量はここまで順調。15日午前10時現在のカンタレイラ水系での月間降水量は、月半ばにして133・5ミリを記録。下旬もこのペースが続けば270ミリ程度になる。水位も46・7%まで回復し、2月に入って以降、すでに4%ポイント上がっている。遅くとも3月には50%を超えそうな勢いだ。予報だと、今週も毎日10ミリ前後の降雨が予想され、じめじめした天気になりそう。むしろ水害が起こらないことを願いたい。
     ◎
 14日のサッカーの全国選手権。首位のインテルナシオナルはヴァスコ・ダ・ガマに2―0、フラメンゴはコリンチャンスに2―1で共に勝利。今季残り2試合を残した時点で勝ち点差1は依然変わらず。ただでさえ手に汗握る展開だが、21日の次戦はこの両チームがマラカナン・スタジアムで直接対決。今季最大の一戦となりそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年2月17日 東西南北  15日、サンパウロ州での対面授業再開プロジェクトでは一番最後となる、サンパウロ市立校の授業が再開した。だが、この日の授業再開は順調とは言えず、約3500校のうち580校は、清掃や消毒のための人員不足や改修工事の遅れなどにより再開を見送った(リモート授業は開始)。しかも昨年12 […]
  • 東西南北2021年2月19日 東西南北  一般高齢者に対するコロナワクチン接種は大サンパウロ市圏でも行われているが、同じ圏内であっても市によって対応が異なっている。大部分はサンパウロ市と同じく、現在は「85〜89歳」が接種対象となっているが、ジアデマではすでに「80〜84歳」が対象になっているという。逆に、グアルーリ […]
  • 東西南北2021年2月13日 東西南北  15日から17日の午前中まではカーニバル休暇のはずだったが、今年はコロナ禍につき、カーニバルを公的に祝う自治体はない。カーニバル休暇は本来、国民の祝日扱いではなく、自治体判断なので、開催されないのならば平日扱いとなるはずだが、そこがブラジルの不思議なところ。企業などの判断で、 […]
  • 東西南北2021年2月10日 東西南北  8日、サンパウロ市でもドライブスルーでのコロナワクチン接種がスタートし、初日に90歳以上の市民2887人がドライブスルーを利用して接種を受けたことがわかった。もっとも人を集めたのは中央部のパカエンブー・スタジアムで1600人。以下、南東部ヴィラス・ボアス教会で397人、北部ア […]
  • 東西南北2021年2月9日 東西南北  7日に行われたサッカーのクラブW杯準決勝で、南米代表のパルメイラスは北中米代表のUANLティグレス(メキシコ)に0―1で敗れた。後半7分、ディフェンダー、ルアンがペナルティ・エリア内で相手フォワードのカルロス・ゴンザレスに痛恨のファウル。そこで得たPKを相手エース、ジニャック […]