ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 2021年は、カーニバルの任意休日がコロナ禍故にキャンセルされ、例年通りのカーニバルが開催されなかった前代未聞の年になった。本来なら「休日をキャンセルしたのなら、完全に平日扱いにすればいい」と考えそうだが、ブラジルは違う。足並みがそろわず、13、14日の土日に加え、15〜17日を休暇にする企業などが存在する。それを利用して、リオなどでは海水浴や、秘密裏にダンス・パーティなどを開催して人の群れを作るケースが多かったことが報じられている。ベロ・オリゾンテでは秘密カーニバルで66人が逮捕されたし、サンパウロ市でもファンクのパーティが摘発された。こういう事態が起きたのでは、感染拡大抑制のためにカーニバル期間の返上を図った政治家の意図は無に帰す。国民の倫理観にまかせるだけでは不十分か。
     ◎
 2月のサンパウロ州での降水量はここまで順調。15日午前10時現在のカンタレイラ水系での月間降水量は、月半ばにして133・5ミリを記録。下旬もこのペースが続けば270ミリ程度になる。水位も46・7%まで回復し、2月に入って以降、すでに4%ポイント上がっている。遅くとも3月には50%を超えそうな勢いだ。予報だと、今週も毎日10ミリ前後の降雨が予想され、じめじめした天気になりそう。むしろ水害が起こらないことを願いたい。
     ◎
 14日のサッカーの全国選手権。首位のインテルナシオナルはヴァスコ・ダ・ガマに2―0、フラメンゴはコリンチャンスに2―1で共に勝利。今季残り2試合を残した時点で勝ち点差1は依然変わらず。ただでさえ手に汗握る展開だが、21日の次戦はこの両チームがマラカナン・スタジアムで直接対決。今季最大の一戦となりそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年2月17日 東西南北  15日、サンパウロ州での対面授業再開プロジェクトでは一番最後となる、サンパウロ市立校の授業が再開した。だが、この日の授業再開は順調とは言えず、約3500校のうち580校は、清掃や消毒のための人員不足や改修工事の遅れなどにより再開を見送った(リモート授業は開始)。しかも昨年12 […]
  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 東西南北2021年4月24日 東西南北  コロナウイルスによる病床占有率低下に伴い、サンパウロ州では徐々に外出規制が緩和されつつある。18日にはショッピングセンターや一般商店の営業が再開され、宗教施設での集会も認められた。今日24日からは美容院やジム、レストランやバー、公園も再開される。再開されるとはいえ、「オレンジ […]
  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]