ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》サッカー連盟「試合予定通り実施」と断言=コロナ禍が過去最悪の中

《ブラジル》サッカー連盟「試合予定通り実施」と断言=コロナ禍が過去最悪の中

9日のサッカーのリベルタドーレス杯。サントスがデポルティーヴォ・ララ(ベネズエラ)戦に2―1で勝利した試合の様子(Ivan Storti/Santos FC)

 ブラジル・サッカー連盟(CBF)は10日、コロナ禍が激化する中においても、「今年のスケジュールを予定通り実施する」意思を表明し、中断を行わないことを宣言した。10日付現地サイトが報じている。
 コロナ禍は全国的に悪化しており、9日には過去最高の1954人が24時間以内に亡くなったと報じられた。それを受け、サンパウロ州がサッカーのサンパウロ州選手権の中断を検討するなど、今後の開催を危ぶむ声が高まっていた。
 しかし、CBFは10日、ユーチューブの専用アカウントで記者会見を公開。そこで今後をどうするかを発表した。

 CBFはそこで、試合に際しての衛生上、医療上の注意事項をより強化することを宣言。「選手だけでなくグラウンドに立つすべての関係者に試合前後の72時間にPCR検査を行うことを義務付ける」などとしたが、「試合は中断せず、予定通り日程を消化する」とした。
 CBF側は昨年8月以降、20の選手権を開催。367チームで全2423試合を消化した。選手への述べ1万3237回を含む、8万952回のPCR検査を行った結果、「全体の2・2%しか陽性反応が出なかった」し、検査を受けずに試合に出た選手はいないとして、安全性を強調した。
 現在は各州で、州選手権が開催されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]
  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]