ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、米国などの例でも示されているように緊急使用許可が必要。だが12日から始まったインフルエンザの予防接種の対象が、6カ月以上、6歳未満の子供や妊婦などだったため、隣り合わせの部屋で接種を行っていたところ、コロナワクチンがインフルエンザの接種用の部屋に配られてしまい手違いで使用された。子供の中には1歳10カ月の幼児もいたというから心配だ。誤って接種を受けた人に副反応が起きないかも気になるが、小さな市だと、本来の対象である人向けのコロナワクチンが不足する可能性も懸念される。
     ◎
 サンパウロ州が発表したところによると、今年の3月に10人の軍警がコロナウイルスで命を落としたという。同じ時期に捜査中に亡くなった軍警は9人だったというから、コロナは犯罪者よりも警官を殺したことになる。また、3月は4418人の軍警が、コロナに感染して休職扱いになったという。1日あたり、143人もの軍警が休職していたことになる。2月は軍警全体の死者が2人、休職が96人だった。軍警へのワクチン接種は5日からはじまったが、妥当な話だ。
     ◎
 12日からの外出規制緩和により、今週末はサッカーのサンパウロ州選手権が行われる。中断した分、過密日程で、16日に試合を行ったばかりのコリンチャンス、サントス、パルメイラスも、さっそく18日に試合が組まれている。ファンとしては会場に応援には行けないものの、試合があれば気持ちが盛り上がるが、選手たちの疲労が気になるところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月24日 東西南北 □関連コラム□大耳小耳  コロナウイルスによる病床占有率低下に伴い、サンパウロ州では徐々に外出規制が緩和されつつある。18日にはショッピングセンターや一般商店の営業が再開され、宗教施設での集会も認められた。今日24日からは美容院やジム、レストランやバー、公園も再開される。再開 […]
  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 東西南北2020年11月4日 東西南北  10月31日からの3連休中は雨模様だったサンパウロ州。月末に降った雨でカンタレイラ、グアラピランガの両水系の10月の降水量はなんとか70ミリ台まで上がったが、「前半のあの猛暑がなければもう少しは」といったところか。ただ、この3連休は冷え込んだおかげで、海岸部が海水浴客で溢れる […]