ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》セアラー州の酸素工場で爆発事故=他州からボンベ調達し送付

《ブラジル》セアラー州の酸素工場で爆発事故=他州からボンベ調達し送付

コロナ禍で需要が増している酸素(Ministerio da Saude)

 セアラー州州都フォルタレーザの酸素充填工場で24日に爆発が起き、従業員らが負傷、入院したが、多国籍企業のホワイト・マルチンス社は同日、同州での酸素供給に影響は及ばないとの声明を発表。他州から調達したボンベを早急に同州に送る意向も表明と24、25日付現地サイトが報じた。
 セアラー州はコロナ禍による感染者、死者が増加傾向にあり、酸素充填工場での事故は、コロナ感染症患者に対応している病院への酸素供給不足への懸念を招いた。
 だが、ホワイト・マルチンス社は事故直後、同工場はペセン市で製造後に搬入された酸素を充填しているだけで、酸素そのものは製造していないから、同州への酸素供給には影響しないとの声明を出した。

 フォルタレーザ市役所も同日、「市立病院には酸素を貯めるタンクがあり、救急診療所の酸素ボンベも充填したばかりだから、酸素不足の心配はない」と発表した。
 また、ホワイト・マルチンス社は25日、フォルタレーザ市をはじめとする同州内の病院の必要に応えるため、他州から調達したボンベを移送中である事も発表した。当面の貯蔵用にはガス状の酸素ではなく、液化した酸素を供給している事も確認した。
 24日の事故の原因はまだ調査中で、入院した負傷者4人の内1人は、25日現在もまだ入院加療中だ。
 事故が起きた工場は市街地にあり、爆発事故で避難を余儀なくされた住民もいるため、会社側は連絡用の専用回線を準備し、補償問題などについて話し合う意向も表明している。

★2021年1月15日《ブラジル》マナウス市=重症者急増で医療崩壊が深刻化=酸素不足で大量窒息死の危機=空軍機がボンベ輸送も焼け石に水
★2021年3月26日《サンパウロ州》SENAIが酸素ボンベ供給=コロナ患者救済に400本
★2021年4月17日《サンパウロ州》銀行強盗が使ったガスボンベ=コロナの患者対応の病院に寄贈

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り2021年6月26日 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り  老人福祉施設「憩の園」を運営する救済会(吉岡黎明会長)は、7月4日に「フェスタ・ジュニーナ/ドライブスルー焼きそば販売」を開催する。  会場は、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)の駐車場(Bunkyo a Rua Galvão Bueno […]
  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]