ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》生後6カ月の乳児に無数の傷=虐待疑い、医師が警察に通報

《ブラジル》生後6カ月の乳児に無数の傷=虐待疑い、医師が警察に通報

機械につながれて重体の乳児(12日付G1サイトの記事の一部)

 ゴイアス州アナポリス市で、生後6カ月の乳児に無数の傷がある事に気が付いた医師が、虐待を疑って警察に通報、市警が捜査を始めたと11、12日付現地サイトが報じた。
 問題の乳児は10日にアナポリス市の救急診療所小児科外来に運び込まれたが、30カ所以上の傷がある事に気づいた女医が虐待を疑い、警察と児童相談所に通報した。
 児童相談員によると、父親が抱いている様子を見た母親が、乳児がぐったりしているのに気付いて、病気だと思って救急車を呼び、病院に連れてきたのだという。
 診療所に着いたのは10日の夜で、小児科の女医が診断した結果、30カ所を超える内出血痕などが見つかったという。

 乳児を診察した女医は初期対応後、州都ゴイアニアの州立病院に乳児を移送。乳児はそのまま、集中治療室に入院し、治療を受けているが、病院に到着した時には既に自力呼吸が困難なほどの重体で、人工呼吸器を必要としている。また、経神経内科的な診断などを試みても明確な反応が見られていないという。
 市警は既に父親を呼んで事情聴取を行ったが、父親が「なぜケガをしたのか、皆目見当がつかない」と答えたため、とりあえず、帰宅させたという。児童相談所は、市警の捜査を待って今後の方針を決める意向だ。
 10日にはサンパウロ市でも3歳の男児が暴力的行為によって死亡する事件が起きているが、新型コロナのパンデミックなどの影響もあってか、虐待などで保護を必要とする子供は増加傾向にある。
 サンパウロ州の場合、19年4月は78件だった年少者保護プログラムの対象が、今年4月には155件に増えている。

★2021年5月7日リオ市》検察がジャイリーニョ市議ら起訴=エンリ君の虐待死事件で
★2010年8月18日《ブラジル》5歳児死亡に2つの疑惑=判明した医師免許の偽装=父親の虐待容疑も浮上し
★2021年5月12日《ブラジル》東西南北

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]
  • 《サンパウロ州》自粛規制緩和さらに遠のく=来月15日まで現状維持2021年6月24日 《サンパウロ州》自粛規制緩和さらに遠のく=来月15日まで現状維持  サンパウロ州政府は23日、記者会見を行い、コロナウイルスの感染状況悪化から、当初予定していた、バーやレストランの営業を22時までとするなどの外出自粛規制緩和を延期することを発表した。23日付現地サイトが報じている。  ジョアン・ドリア知事によると、コロナによる感染者数、入院 […]