樹海

  • 日本人がポルトガル語を勉強するのは、富士宮駅から富士山頂まで歩くようなもの?

    日本語とポルトガル語の遠さ

     コラム子の実家は静岡県沼津市にあり、朝に晩に霊峰富士を見ながら育った。体力自慢の父親からは、「若い頃は工場の勤務が終わった後に、夜9時頃から富士宮駅から徹夜で歩いて、朝までに富士山頂へ行った」という話を百回ぐらい聞かされた▼ふと調べてみる ...

    続きを読む »

オーリャ!

  • ピザ屋の灰を洗って茶道の風炉に

     湯を沸かすための茶道の道具「風炉」には、灰と炭が入っている。日本では茶道用「灰」が販売されているが伯国にはない。茶道用「灰」とは、混入されているゴミ類や燃えカスをとるために水に沈めて「あく抜き」したもの。「灰を洗う」こと自体、一般人には想 ...

    続きを読む »

ブラジル国内ニュース

東西南北

  • 東西南北

     大サンパウロ都市圏は15日夜から16日未明にかけて豪雨に見舞われ、サンパウロ市北部のサンターナの気象観測所では、1月としては68年間の歴史で2番目に多い、24時間で115ミリの雨を記録した。隣のグアルーリョス市では、濁流に囲まれて動けなく ...

    続きを読む »

日系社会ニュース

大耳小耳

  • 大耳小耳

     大相撲初場所に臨んでいる魁聖が苦戦している。8日に初日を迎え2連勝スタートも、9日目を終え3勝6敗となった。3連敗を2度喫すなど同格の相手につまずいたのが痛い。昨年のように三役へ舞い戻ることも期待したいが、長い現役生活に向け、まずは勝ち越 ...

    続きを読む »

イベント情報

刊行

特集

連載

特別寄稿

散文

短歌

  • ニッケイ歌壇(525)=上妻博彦 選

    サンパウロ  武地志津

    チッチッチチと微かに啼くは何鳥や炊事の手を止め耳澄ませ聞く
    洗濯場そっと覗けば小燕のあらぬ場所より不意に飛び立つ
    吾が影に怯えしならむ小燕の狭き空間ぱたぱたと飛ぶ
    久々に迷い入り来し小燕のいじらしきさま暫し見て佇つ
    小燕の囀りやめば片隅に親を恋うらむじっと動かず

    続きを読む »

俳句

連載小説