樹海

  • たくさんの人が詰めかけた昨年の会場の様子

    県連日本祭りの前売り券を買おう!

     いよいよ県連日本祭りが再来週に近づいてきた。日伯外交120周年を迎える今年だが、会場運営が民間企業に委託され、大幅に会場賃料が値上げされ、連邦も州政府も資金難で公的支援がゼロとなり、県連は27万レ程度の赤字を見込んでいる▼だが県連は「今中 ...

    続きを読む »

オーリャ!

  • 男子サッカーにもスポーツマン精神を!

     サッカー女子W杯連覇を目指したなでしこジャパンは、決勝戦で米国に5―2で敗れ準優勝に終わった。早々に4点失ったが、諦めることなく2点を返し、前回女王の矜持を見せた。 同時期のコパ・アメリカのチリ初優勝は称えるべきだが、大会中に飲酒運転で事 ...

    続きを読む »

ブラジル国内ニュース

日系社会ニュース

イベント情報

刊行

東西南北

  • 東西南北

     ここしばらく聖市民のあいだで話題となっていたセントロのコスタ・エ・シウヴァ高架橋(ミニョコン)の通行止め問題に関し、市側は今後、ミニョコンの土曜日の閉鎖開始時間を、これまでの午後9時30分から午後3時に繰り上げることを決めた。通行再開は、 ...

    続きを読む »

大耳小耳

  • 大耳小耳

     毎週金曜晩に宮城県人会館の屋上で行なわれていた「金曜懇親会」が6月いっぱいで中止になった。関係者によれば県人会から会場費値上げ通達、その他の出来事があったらしい。もともと営利事業ではなく、「低料金で憩える場を」という有志の気持ちから始めら ...

    続きを読む »

特集

連載

短歌

  • 『カルモ』はサンパウロ市内にある公園。この公園に日本人移民が桜を植樹し、今では季節になると見事な花が咲き、桜まつりも行われる。

    ニッケイ歌壇(491)=上妻博彦 選

          サンパウロ      梅崎 嘉明 高千穂に八紘一宇の塔たつと聞きし日ありきいまはまぼろし軍籍は持てど戦爭を知らぬ父日本は敗けぬと言いつつ逝けり大本営のラジオを聴きし友人は馳せきて日本の大勝を告ぐ飛行機を搭載可能の潜水艦建造せしと ...

    続きを読む »

俳句

  • 『ジュニナ祭』は6月祭のこと。ポルトガルのキリスト教の祝日に起源を発し、ブラジルでは収穫祭や冬至などと併せて祝う祭り。男の子はヒゲを描き、破れた麦藁帽子にチェックのシャツ、女の子はそばかすメイクにドレスを着てクアドリーリャという踊りをおどる。この時期、学校の恒例行事にもなっている。

    ニッケイ俳壇 (845)=富重久子 選

       サンパウロ         間部よし乃 冬帽子買って話が又弾み【どこか友達と旅をした時の事であろうか。賑やかにあれこれ帽子を選んでは被ってみて、皆それぞれの好みの帽子を買い満足して店を後にすると、またまた話が弾み愉しい旅が続いていく、 ...

    続きを読む »

散文

特別寄稿