樹海

  • 何気ない言葉に見る教育の歪み

     間もなく3歳になる男児が、犬を連れて散歩中の人とすれ違った後に、「あの犬、馬鹿だね」と言った。その瞬間、「飼い主が気を悪くしたのでは」と案じた。だがその後、幼稚園の教師など、身近な人が「あの○は馬鹿だね」といった表現を頻繁に使っているに違 ...

    続きを読む »

オーリャ!

  • 美化運動の前に「わが町」意識の醸成を

     先日リベルダーデ広場を中心に東洋街で行われた美化活動。観光地らしくキレイになるかもという期待とは裏腹に、参加者からは冷ややかな声が漏れ聴こえた。  東洋街にはFMU、クルゼイロ・ド・スルなどの幾つもの大学や病院、中国人商店があるが、参加し ...

    続きを読む »

ブラジル国内ニュース

東西南北

  • 東西南北

     2017年はルーラ氏が実刑判決、そしてコーロル氏が被告と、元大統領が共に汚職で過去の履歴を汚す事態が続いている。奇しくもこの2人は1989年、軍政終了で民政復帰がなった後の初めての大統領直接選挙で決選投票を争っている。民主国家としてのブラ ...

    続きを読む »

日系社会ニュース

大耳小耳

  • 大耳小耳

     パウリスタ新聞、ニッケイ新聞などで紙面製作の仕事を長年してきた三原寿紀さんが18日に、入院先の聖市ポルトゲーザ病院で亡くなった。享年95。三原さんは1922年7月7日、福岡県津屋崎町生まれ。34年10月にらぷらた丸で渡伯。佐藤念腹氏に師事 ...

    続きを読む »

イベント情報

刊行

特集

連載

特別寄稿

散文

短歌

  • ニッケイ歌壇(525)=上妻博彦 選

    サンパウロ  武地志津

    チッチッチチと微かに啼くは何鳥や炊事の手を止め耳澄ませ聞く
    洗濯場そっと覗けば小燕のあらぬ場所より不意に飛び立つ
    吾が影に怯えしならむ小燕の狭き空間ぱたぱたと飛ぶ
    久々に迷い入り来し小燕のいじらしきさま暫し見て佇つ
    小燕の囀りやめば片隅に親を恋うらむじっと動かず

    続きを読む »

俳句

連載小説