樹海

  • 在日ブラジル人の定住化を報じるエスタード紙の記事

    四世にも特定ビザ発給を

     最近、日系代表5団体の間で、四世にも「特別定住ビザ」(現在は三世まで)を発給するように日本政府に意見書を出す動きがあると聞き、これは歓迎すべきだと思った。現在の聖市の日系団体を見回しても、リーマンショック以降に大量帰伯した日本育ちの三世世 ...

    続きを読む »

オーリャ!

  • 仏壇に供える朝一番のコーヒー

     文協で「移民の日」に行われた開拓先亡者法要では、今年はお供え物が餅からコーヒー豆に変わった。これは、仏教連合会内の準備会議で、コレイア教伯会長が発案したとのこと。 コレイアさんにその理由を尋ねると、「初期移民はコーヒー農園で働くための渡伯 ...

    続きを読む »

ブラジル国内ニュース

東西南北

  • 東西南北

     22日、聖市議会は、女性や高齢のバス利用者については夜10時~翌朝5時の間、既存のバス停にこだわることなく、利用者が「ここで降りた方が安全」と判断した場所で降車させてもよいという法案を可決した。あとは、フェルナンド・ハダジ聖市市長が裁可す ...

    続きを読む »

日系社会ニュース

大耳小耳

  • 大耳小耳

     ミナス州マンチケイラ山脈地帯で山岳ガイドをしている前田英喜さん。先日、TVグローボ系列による「テーラ・ダ・ジェンテ」に登場したが、経営する民宿に視聴者から予約が入るなど、すでに反響が多数あったとか。放送は南ミナスほか聖州カンピーナスなど限 ...

    続きを読む »

イベント情報

刊行

特集

連載

特別寄稿

散文

短歌

  • ニッケイ歌壇(514)=上妻博彦 選

    グァルーリョス  長井エミ子

    あかときの霜置き積もる夏草は冬の来たるを黙して知りぬ
    霧深く山家の小径ほの白く棒と化したるバッタのむくろ
    人間は面白いかと老犬はプッカリコンと白雲飛ぶ日
    明け暮れは十匹越える犬どちとそれも良きかな娘の婚家
    おだやかに月日流ると言はねども汝のそびらの柔らかになり

    続きを読む »

俳句

連載小説